少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店
3.63
  • (96)
  • (68)
  • (241)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 805
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416126

作品紹介・あらすじ

時は平安。稀代の陰陽師・晴明の孫でありながら、見鬼の才がまったくない安倍昌浩・13歳。都外れで打ちひしがれていると、目の前にぽとりと、不思議な白い物の怪が落ちてきて…(霧の籬を吹き払え)。年末年始の来客から身を隠すため、急遽安倍邸から無人の邸に移った藤原彰子。だがその邸には、さる姫君と笛師との、哀しい因縁が眠っていた…(うつつの夢に鎮めの歌を)など計4作を収録した、少年陰陽師選りすぐりの短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ8巻目・番外編・短編集

  • 【再読】シリーズ8作目、番外編1。
    霧の籬~:昌浩ともっくんの出会い(仮)と初調伏。もっくんのわざとらしい演技がツボ。/朧の轍~:車之輔式になる、の巻。ますます車之輔が好きになる話。/うつつの夢~:正月大騒動兼雑鬼とお姫の出会い。雑鬼たちが可愛い。/玉箒~:高淤の神とじい様の雪見酒。キンと冷えた神々しい空気が伝わってくる。
    番外編らしい話が多く、息抜き読書にちょうどいい感じ。

  • 【少年陰陽師_8(短編集_1)】

  • 短編集

  • 車之輔可愛いよなぁ(笑)スピンオフは大好きです。

  • 本編とは少し雰囲気の変わった番外編。

    ほのぼのしてて、風音編でのシリアスな現状を考えると
    嬉しいけど寂しい。

    雑鬼たちがいっぱい出てて(挿絵にも)、
    嬉しい限りですっ。
    かわいい!

  • 短編・外伝

    8.うつつの夢に鎮めの歌を
    14.其はなよ竹の姫のごとく
    19.外伝 翼よいま、天へ還れ
    21.思いやれども行くかたもなし
    31.御厳の調べに舞い踊れ

  • 通算8冊目。
    短編集1

  • 何時の間に、車之輔は式にくだったんだ?という疑問に対して
    明確に答えを出してくれる外伝短編集。
    痒い所に手が届く!
    もっくんとの出会いより、そっちのお話のが私は気に入った。

    昌浩の笛の腕前は、そのまま維持されてるのかな?

全41件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする