篁破幻草子 六道の辻に鬼の哭く (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 四位 広猫 
  • 角川書店
3.39
  • (9)
  • (16)
  • (55)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 208
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416218

作品紹介・あらすじ

人でありながら冥府の官吏でもある小野篁は、凶星・破軍の星宿を持つ身。彼の魂を手に入れようと、当代の帝に憎悪をいだく異貌の鬼・朱焔とその配下・井上は、執拗に篁を狙う。さらに朱焔は、篁の最愛の妹にして、篁を補う文曲星の魂を持つ楓を、手中に収めようとしていた-。「楓の命を救うために、俺は朱焔を、必ず討つ…!」『少年陰陽師』の結城光流がおくる、大人気シリーズ参上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雷信の正体がわかるシーンとか最後のシーンとか、泣ける。(T_T)

    それぞれの人物の謎も少しずつ明らかになってきたし、しかもこのラスト。このあとどうなるのかすごく気になる。

  • 【再読】この巻から発売日頃に購入してたはず。初版だったし、チラシが色々挟まってたし。そしてこの巻まで読んだはず。うっすらとしか覚えてないけど。この後篁がどうなったのか決着を見届けずに積んでる自分が信じられない。
    相変わらず篁と融のコントが秀逸。大好き。岑守に頭が上がらない篁も新鮮だった。けど、楽しいばかりじゃなく、心が痛かった。ラストの篁は特に。早く次読んでスッキリさせたい。

  • 【篁破幻草子_4】雷信の正体判明。他の禁鬼たちのエピソードも知りたいな。そして、楓が。。。篁の想いが切なくて胸が痛い。

  • 小野篁&橘融のオカルトファンタジー第4巻

    読了日:2008.07.19
    分 類:ライトノベル
    ページ:254P
    価 格:476円
    発行日:2006年4月発行
    出版社:角川ビーンズ文庫
    評 定:★★+


    ●作品データ●
    ----------------------------
    主人公 : 小野 篁(橘 融)
    語り口 : 3人称
    ジャンル : ライトノベル
    対 象 : ヤングアダルト向け
    雰囲気 : 歴史オカルト
    結 末 : 次巻に続く
    イラスト : 四位広猫
    デザイン : BELL'S
    ---------------------------

    ---【100字紹介】---------------------------
    ときは平安のはじめ。人の身でありつつ夜は冥府の官吏として、
    都にはびこる鬼を狩る小野篁。彼の持つ凶星・破軍の魂を
    手に入れようと謀る異貌の鬼・朱焔の魔の手が、
    今度は妹の楓に迫る。オカルトファンタジー第4巻
    ----------------------------------------------

    シリーズ第4巻です。前巻では篁の幼なじみである橘融が狙われましたが(本文によると「篁の言うことを聞かなかったばかりに殺されかかったり死にかけたり死にかけたり死んだりしたことを思い出した融」ということに…何て可哀想な)、今回狙われているのは融ではなく、妹の楓の方。

    ちなみに融は宿星・廉貞星(北斗第5星)で、楓は宿星・文曲星(北斗第4星)という設定。現時点では第1星・貪狼星が燎琉ということは分かっているものの、それ以外の星は明かされず。

    今回の物語の主要キャラは。井上皇后。酒人内親王。謎の少女。そして楓。…という女性陣。男性陣としてはやはり、雷信あたりの活躍、というか「実は…」がなかなか、みどころかも。


    全体に、技術的にちょっと詰めが甘いような気が。雰囲気はいいのですけれども。特にラストは完全に次巻に続く、ですけれども、何とここまでやるのか、次の展開はどうなる!?という、いい感じの突き落としっぷりで…。

    いよいよ次巻が完結編です。楽しみですね。


    ---------------------------------
    文章・描写 :★★+
    展開・結末 :★★+
    キャラクタ :★★★
    独 自 性 :★★★
    読 後 感 :★★+
    ---------------------------------


    菜の花の一押しキャラ…橘 融

    「少しは学習しろ」(小野 篁)

  • 篁破幻草子、第四巻。融は今上帝の命により酒人内親王を見舞うことになったが、そこには夜毎生魂となってさまよう少女がいた。その少女は鬼と化した井上に利用され、病床に伏していた楓を朱焔に奪われてしまう。朱焔によって歪められてしまった北斗の宿星を正そうと篁は奔走する。壮絶なラストは、次巻を期待させられるv禁鬼雷神の正体も明らかにv

  • 2006.8.6

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篁破幻草子 六道の辻に鬼の哭く (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする