真実を告げる声をきけ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 結城光流
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店 (2006年9月30日発売)
3.61
  • (67)
  • (52)
  • (185)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :674
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416232

作品紹介・あらすじ

時は平安。出雲の地で、瀕死の昌浩を助けてくれた少年・比古は、珂神比古と呼ばれる、真鉄の一族の長だった。敵対する存在として再会した比古は、大蛇の力を操り、昌浩と神将達を攻撃してくる。比古を憎むことができない昌浩は、必死で、ある事を訴えようとするが-!?一方、都にいる彰子の身にも、魔の手が忍び寄っていた。友情を感じながら敵として出会った昌浩と比古の運命は大きく狂いだす。珂神編第三弾。

真実を告げる声をきけ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ17作目、珂神編3/5。
    もゆらの死が比古くんに、ストーリーにどう影響していくのか。ってゆーか彰子ちゃんそこで何してんの? 留守番組の朱雀たちの心情はいかに。彰子ちゃん身体大丈夫? もゆら可愛すぎる。もふりたい。風音さんお帰りなさい。彩輝って綺麗な響き。勾陳姐さん頑固。可愛い。今回もっくんは苦労性だなぁ。ようやく真赭さんの名前覚えた。漢字読めないよ。……これ感想じゃないなwww

  • 【少年陰陽師_17(珂神編_3)】

  • 珂神編3

  • もゆらがーーーっっ!!

  • 珂神編第3巻

    2巻の六合に引き続き、今回もあとがきの直前で
    「うわぁぁぁあぁぁっ!!」っと叫ばんばかりになりました。

    彰子とのほのぼの会話に癒されていたのに…!!
    珂神編は本当に1冊1冊読み切るのがつらい…。

  • 殴り合ってこそ分かり合う男の友情?(笑)
    昌浩、周りに大切にしてくれる人やら神やら妖やら
    いっぱいいるけれど、「友達」っていないもんね。
    彰子ちゃんいるからいいんじゃない?って気もするけど。

    たぶん、比古とまた戦ってー、きっと寸でのところで
    騙された!って気づいて共闘するのだと予想。

    「昌浩の反抗期疑惑」について、一生懸命考える白虎
    反抗期は重要とか考えてる辺り、親戚のおじさんか!と
    突っ込みたくなった。

  • 珂神編3

  • 時は平安。出雲の地で、瀕死の昌浩を助けてくれた少年・比古は、珂神比古と呼ばれる、真鉄の一族の長だった。敵対する存在として再会した比古は、大蛇の力を操り、昌浩と神将達を攻撃してくる。比古を憎むことができない昌浩は、必死で、ある事を訴えようとするが―!?一方、都にいる彰子の身にも、魔の手が忍び寄っていた。友情を感じながら敵として出会った昌浩と比古の運命は大きく狂いだす。珂神編第三弾。

  • 安倍晴明の孫昌浩の活躍!シリーズ第17巻

    読了日:2008.02.17
    分 類:ライトノベル
    ページ:251P
    価 格:476円
    発行日:2006年10月発行
    出版社:角川ビーンズ文庫
    評 定:★★★


    ●作品データ●
    ----------------------------
    主人公 : 安倍 昌浩
    語り口 : 3人称
    ジャンル : ライトノベル
    対 象 : ヤングアダルト向け
    雰囲気 : 歴史オカルト
    結 末 : これから続く
    イラスト : あさぎ桜
    デザイン : micro fish
    ---------------------------

    ---【100字紹介】-----------------------
    時は平安。14歳の昌浩は、稀代の陰陽師・安倍晴明の末の孫。
    瀕死の重傷を負ったとき助けられた少年・比古の正体を知った昌浩は、
    どうしても彼を憎めないでいた。
    いしにえの神の国・出雲を舞台にした珂神編、第3弾
    ------------------------------------------

    珂神編第3弾、シリーズとしては第17巻です。相変わらず、それほどストーリーが進んでいないのですが、今回はサイドストーリーが幾つか入ってきたので、進行としては妥当なところかなーと。

    何しろ、冒頭からいきなり「とっしー」ですから。「とっしー」母初登場の上、更に成親おにーちゃんも出張ってきて今まで登場したことのない某キャラのことがちらちらっと話題に上り。そのうち、その話が来るなーという伏線っぽいです。

    出雲の方は、彰子も絡んで混戦模様に。六合&風音のエピソードは、きっとファンを喜ばせることでしょう。そしてメインは、昌浩V.S.比古ですね。昌浩…とりあえず何でもやる子。

    最後の方では思いっきり大混乱が巻き起こりそうな伏線が入って、次巻も大変そうよねーという感じ。さて…。


    ---------------------------------
    文章・描写 :★★+
    展開・結末 :★★★
    キャラクタ :★★★
    独 自 性 :★★★
    読 後 感 :★★★
    ---------------------------------


    菜の花の一押しキャラ…安倍 昌浩

    「しぶとさだけが売りなものでね」(勾陣)

全37件中 1 - 10件を表示

真実を告げる声をきけ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

真実を告げる声をきけ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする