少年陰陽師 嘆きの雨を薙ぎ払え (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店
3.66
  • (70)
  • (54)
  • (163)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 658
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416249

作品紹介・あらすじ

時は平安。「出雲の覇権を取り戻す」-九流一族の悲願が蘇らせた荒魂。昌浩の必死な気持ちが通じ、比古は、荒魂を還す方法を探そうと、真鉄たちのもとへ戻った。が、兄弟同然に育ったもゆらの、信じがたい姿を目にした比古の心に、決定的な変化が起きる-!"贄"として九流側に囚われてしまった彰子にも危機が迫るが、そんな事情を知る由もない昌浩は-!?予想しえない大きな運命のうねりが昌浩を襲う!珂神編第四弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ18作目、珂神編4/5。
    あとがきの『比古ぉぉぉ』という叫びより、『おのれ、真赭め』という心情。九龍の民が一斉に死んでいったのも彼女が関わっているのか? 彰子ちゃんが何とか昌浩と出会えたのは一安心。人に対して術を打ったことはどう影響していくのか……? まだまだ気が休まらない。勾陳姐さんともゆらが今回も可愛くて癒された!!

  • 【少年陰陽師_18(珂神編_4)】

  • 珂神編4

  • 珂神がこうなっちゃうかー…。。
    良い子だったからショック。でも彰子良かった…。。

  • 珂神編第4巻!!

    このシリーズは、ものすごい切ないです…
    次回最終巻が待ち遠しい…

  • 今回は人間より、十二神将が目立ってましたな。
    紅蓮と匂陣の掛け合いが、まるで夫婦漫才。
    太陰を心配する白虎も気が抜けませんね。
    いつか、太陰の騰蛇恐怖症が緩和されるといいんだけど。

    彰子が贄に選ばれた理由って、どっかで出てくるのかな。

  • 珂神編4

  • 時は平安。「出雲の覇権を取り戻す」―九流一族の悲願が蘇らせた荒魂。昌浩の必死な気持ちが通じ、比古は、荒魂を還す方法を探そうと、真鉄たちのもとへ戻った。が、兄弟同然に育ったもゆらの、信じがたい姿を目にした比古の心に、決定的な変化が起きる―!“贄”として九流側に囚われてしまった彰子にも危機が迫るが、そんな事情を知る由もない昌浩は―!?予想しえない大きな運命のうねりが昌浩を襲う!珂神編第四弾。

  • 安倍晴明の孫昌浩の活躍!シリーズ第18巻

    読了日:2008.03.23
    分 類:ライトノベル
    ページ:250P
    価 格:476円
    発行日:2007年2月発行
    出版社:角川ビーンズ文庫
    評 定:★★★


    ●作品データ●
    ----------------------------
    主人公 : 安倍 昌浩
    語り口 : 3人称
    ジャンル : ライトノベル
    対 象 : ヤングアダルト向け
    雰囲気 : 歴史オカルト
    結 末 : これから続く
    イラスト : あさぎ桜
    デザイン : micro fish
    ---------------------------

    ---【100字紹介】------------------
    時は平安。14歳の昌浩は、稀代の陰陽師・安倍晴明の末の孫。
    昌浩の必死さが通じた比古は、九流一族の悲願が蘇らせた荒魂を
    還す方法を探そうと真鉄たちのもとへ向かうが…
    古の神の国・出雲を舞台にした珂神編第4弾
    -------------------------------------

    珂神編第4弾、シリーズとしては第18巻です。今回は都に置き去りだからあんまり絡まないだろう、と思っていた彰子は、前巻から結構、重要な役回りです。特に、今回は彰子、風音、勾陣など女性陣が頑張ってますよね。というか、誰が主役とかなくて、もはや混在という感じ。色々な人の色々なエピソードがページを繰るごとにどんどん出てきますからねー。こういうところが、とてもアニメ的だと思う菜の花です。少年陰陽師シリーズってアニメに元々向いていたんだなあって。アニメ化した影響で、原作の方がそういう方向性に…、という可能性もありますけれども。実際、このシリーズの感じは、最初の頃に比べて、小説らしさよりアニメ寄りになりつつあるようにも思います。

    さて、そろそろ珂神編も佳境、でしょうか。これ、どう落とし込んでいくのか、気になるところです。


    ---------------------------------
    文章・描写 :★★★
    展開・結末 :★★★
    キャラクタ :★★★
    独 自 性 :★★★
    読 後 感 :★★★
    ---------------------------------


    菜の花の一押しキャラ…安倍 昌浩

    「誰かがいてくれるの、て…。すごく、大事なことだ」(安倍 昌浩)

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年陰陽師 嘆きの雨を薙ぎ払え (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

少年陰陽師 嘆きの雨を薙ぎ払え (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする