少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ (角川ビーンズ文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.01
  • (58)
  • (44)
  • (50)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 484
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416348

作品紹介・あらすじ

時は平安。稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。雑鬼たちにからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。その風は、いなくなった総領の子供を捜している天狗たちが起こしているものだった。昌浩ともっくんは、子天狗を捜し出そうとするけれど-!?新章・颯峰編、開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館本】シリーズ27冊目、颯峰編1/4。
    今までが過酷だったからか、とてもまったりしているように感じた。たまにはこういう雰囲気も悪くない。雑鬼や神将たちの昌浩を見る目が変わっていくことが感慨深い。彼も成長してるんだなー……。敏次殿の好感度も順調に上がってる。どこまで上がるのかw とりあえず、続きも楽しみ。

  • 【少年陰陽師_27(颯峰編_1)】

  • 紅蓮と勾陣背中合わせきたー!
    鴉がけっこういい味出してた。

  • 少年陰陽師第27作 颯峰編第1作

  • 颯峰編1

  • 何か軽く一話完結にも見えちゃうのだが。。
    これが颯峰編なのは何でかなーとか。。気になる気になる。

  • 新章突入です
    今回は天狗

    いつもの王道バトルものっぽい展開が、
    精神的に優しくていいですねぇ

  • 颯峰編

    27.嵐の剣を吹き降ろせ
    28.祈りの糸をより結べ
    29.まだらの印を削ぎ落とせ
    30.千尋の渦を押し流せ

  • ひとつ前の巻・・玉依編の最終巻をまだ読んでないので状況を把握するのに少しかかった。とても平和な雰囲気になっててよかったけど、玉依編がどう終わったのかがとても気になる。(^_^;)

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする