その腕で溺れたい (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 樹 要 
  • 角川書店
3.27
  • (5)
  • (6)
  • (31)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044422073

作品紹介・あらすじ

「いい子だ。もっと気持ちよくしてあげる-」両親を亡くし、一人で暮らしている恵は、本当はものすごくさみしがりやなのに「可愛くて、元気なアイドル」を高校では演じている。ある晩、外国にいるはずの兄の部屋に寝ている男を兄だと勘違いした恵は、その男にむりやりキスされて、襲われそうになってしまう。しかも、その超絶美形な男は、女優相手のスキャンダルで有名な大人気作家の佐原隼人で!?本当の恋を知らない恋愛小説家と、甘えたがりの高校生のスウィート・ラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説家×高校生。途中しんみりとするシーンもあるが、全体的に温い印象。受けが健気でいじらしく可愛い。細かいことを気にしなければ楽しめる少女マンガ的展開のラブストーリー。エロに突入すると、とたんに受けが初心な高校生、攻めがスケベオヤジ化する。

  •  ちょっと順番前後しましたが、実はこっちが先。

     望の弟の恵の話です。
     恵は、両親を亡くし、兄が海外赴任してしまったため、高校生にして一人暮らし。
     本当はものすごく寂しがり屋なのに、ついつい「明るく元気」に振る舞ってしまう。

     そんな時、海外にいるはずの兄の部屋に人がいるのを見て、すっかり兄だと勘違いした恵は、その男にむりやりキスされて、そのまま一緒に寝てしまう。
     その男は、兄の友人で大人気作家の佐原隼人で。
     強がっているけれど、本当は寂しかった恵はあれこれ世話を焼かれているうちに、だんだん、佐原に惹かれていって……

     という感じの話。

     まぁ、ありきたりと言えばありきたりなんですが、でも、恵の性格がかわいらしく書けていて、ちょっと切なくなる様ないい話だったように思います。
     個人的に、恵の頑張ってる感じが嫌みなく、すっと書かれているのがとっても好きです。
     後は、隼人に甘える恵がとってもかわいく書けていること。
     普段、割と普通に会話しているのでちょっと違和感は覚えますが、エッチの時の恵の外しっぷりが、とってもかわいい。
     それと、恵と隼人の初エッチが、恵視点で書かれているせいか、はっきり書きすぎてないのもポイント高いなー……と思いました。
     どっちかっていうと、二回目、三回目の方がしっかりは書いてありましたが、それでもこの作者さんにしては割とソフトな印象でした。

     個人的にはかなり好感度高めです。

  • たった一人の肉親である兄が海外に単身赴任中で、一人で暮らしている恵は、元気が良くて脳天気に見えるけど、本当はとても寂しがり屋。ある日、兄の部屋に寝ていた二枚目作家の佐原を兄だと勘違いしてしまって──!?

    「いい子だ。もっと気持ちよくしてあげる―」両親を亡くし、一人で暮らしている恵は、本当はものすごくさみしがりやなのに「可愛くて、元気なアイドル」を高校では演じている。ある晩、外国にいるはずの兄の部屋に寝ている男を兄だと勘違いした恵は、その男にむりやりキスされて、襲われそうになってしまう。しかも、その超絶美形な男は、女優相手のスキャンダルで有名な大人気作家の佐原隼人で!?本当の恋を知らない恋愛小説家と、甘えたがりの高校生のスウィート・ラブ。

  • 小説家で兄の同級生×高校生の弟。兄はアメリカ出張?中、両親は事故死で一人暮らししてる弟。
    おっとりとしてて当たりも柔らかいけど結構強引な佐原さんが、寂しがりなゲンキっ子の高校生の恵を手に入れる話ってところかな…。佐原サイドからの文は少ないけど。
    大人×子ども(高校生は子ども?)のカプの割りに、恵が甘え口調じゃないのが新鮮な感じだったかな?

  • 1~その腕に縛られて

  • 「いい子だ。もっと気持ちよくしてあげる―」両親を亡くし、一人で暮らしている恵は、本当はものすごくさみしがりやなのに「可愛くて、元気なアイドル」を高校では演じている。ある晩、外国にいるはずの兄の部屋に寝ている男を兄だと勘違いした恵は、その男にむりやりキスされて、襲われそうになってしまう。しかも、その超絶美形な男は、女優相手のスキャンダルで有名な大人気作家の佐原隼人で!?本当の恋を知らない恋愛小説家と、甘えたがりの高校生のスウィート・ラブ。<br>
    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044422079/crazymoon0b-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4044422079.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044422079/crazymoon0b-22" target="_blank">その腕で溺れたい</a></div><div class="booklog-pub">黒崎 あつし / 角川書店(2002/11)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:46,997位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">溺愛ですね。<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044422079/crazymoon0b-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/crazymoon/asin/4044422079" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全8件中 1 - 8件を表示

その腕で溺れたい (角川ルビー文庫)のその他の作品

黒崎あつしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする