飼い主をひとりじめ! (角川ルビー文庫)

著者 : 黒崎あつし
制作 : 樹 要 
  • 角川書店 (2004年11月29日発売)
3.17
  • (1)
  • (6)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
  • 60人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044422134

作品紹介

王子様のような美形の文人は、天使のように愛らしいのに暴れん坊な和音とラブラブ同棲中。しかし文人は、あまりにも無邪気な和音に、自分が恋人ではなく保護者として愛されているのでは、と少々不安。そんなある日、和音狙い(!?)のワイルドな男・東郷が転校してきて、文人は気が気でない。その上、和音の失われた過去に近づいてしまった文人の身にキケンが迫り…!?ついに和音の過去が明らかに!飼い主サマ(ちょこっと発情中)と、暴れん坊子猫(ちょこっと大人に近づき中)の無敵なラブストーリー。

飼い主をひとりじめ! (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  王子様のような銀髪美形……なのに、目立ちたくなくて、苦労性な文人と、天使のような美しい顔をして愛らしい見た目なのに、暴れん坊で口が悪くてワガママな和音の物語もこれが最終章になりました。

     今回の巻は、いよいよ、和音の過去が明らかになる話。
     そして、和音がちょこっとだけ、大人になる話でした。

     文人が、自分が恋人じゃなくて保護者として愛されてるんじゃないか……? と不安になってたりしたのも、和音が異様なまでに文人に依存してたから。
     でも、そんな仔犬みたいな和音も嫌いじゃなかったですけどね。
     けど、ずっと文人に依存しっぱなしなのは、よくないかなー……ということで、和音は少し大人に……。
     和音が自分の過去と向き合えたのは、ある事故? 事件? があったからなんですが。
     今まで全然、思い出さなかったのに、そんなに簡単に思い出しちゃうのか……? と、思って拍子抜け……。
     まぁ、それだけ大きな出来事だったと言われればそうだろうし。
     和音の強さがよかったような気もするし……という感じでしょうか?

     でも、それも些細なことだから、全然、気になるほどではありません。
     最後は、なんだか新たな春の気配を感じさせるいい感じの終わり方で、終わってました。
     この先の二人も気になるんですが……。
     続きはなさそうな感じで、綺麗に終わってました……。
     ちょっともったいない気も……。

  • 飼い主様の独占権、主張!? 大人気シリーズ、とってもハッピーな完結編! 
    ラブラブな同棲生活を送る文人と和音。けれど文人は、和音にとって自分は保護者なんじゃないかとちょっぴり不安。そんなある日、和音の過去にまつわる謎に近づいた文人にキケンが迫って…!? 謎が解ける完結編!!

    王子様のような美形の文人は、天使のように愛らしいのに暴れん坊な和音とラブラブ同棲中。しかし文人は、あまりにも無邪気な和音に、自分が恋人ではなく保護者として愛されているのでは、と少々不安。そんなある日、和音狙い(!?)のワイルドな男・東郷が転校してきて、文人は気が気でない。その上、和音の失われた過去に近づいてしまった文人の身にキケンが迫り…!?ついに和音の過去が明らかに!飼い主サマ(ちょこっと発情中)と、暴れん坊子猫(ちょこっと大人に近づき中)の無敵なラブストーリー。

全2件中 1 - 2件を表示

飼い主をひとりじめ! (角川ルビー文庫)のその他の作品

黒崎あつしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

飼い主をひとりじめ! (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする