恋の予感は甘く香る (角川ルビー文庫)

  • 56人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (5)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 黒崎あつし
制作 : 明神 翼 
  • 角川グループパブリッシング (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044422257

作品紹介

美人で天然な喫茶店のマスター・香留の店にある日、元常連客のベストセラー作家・安堂聖志が訪れる。今は亡き元マスターへの片恋を引きずっている香留に聖志は興味を持つが、素直になれなくて口うるさく構ってばかり。一方、香留もそんな聖志の不器用な優しさに、甘い感情を持ち始めていた。もう二度と恋なんてできない-そう思っていたのに、成り行きで触れてきた聖志の体温は、閉じ込めていた恋心を甘く刺激して…。ベストセラー作家×美人喫茶店マスターの極上のスイートラブ。

恋の予感は甘く香る (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BL
    喫茶店の雇われオーナーと、スランプ中の人気小説家の恋の話
    話の流れはよくあるパターンで、店長襲われる→小説家助ける→店長には忘れられない人が→小説家頑張るがしびれを切らして→店長でもいやじゃなかった→ハッピーエンド
    みたいな

  • 人気作家×美人喫茶店マスター

    って書くと、すごく洗練されたお話のように思えるけど・・・・・
    実際はアヒルの様な話www

    というのは、水面上の姿はすごく優雅だけど、その実水面下の足は一生懸命バタつかせているわけで。
    そんな感じのお互いに一生懸命な二人の話。

    亡きマスターへの恋心を胸に過ごすその喫茶店を受け継いだマスターの香留がある日常連客がストーカー化して夜に店に来て香留を強姦しそうに・・・そこで香留が蔵の置物をドアに向かって投げつけはめ込みのガラスが割れた外にいたのが、人気作家の聖志で助けられるところから始まるお話。

    強引な聖志に引っ張られつつ、亡きマスターへの勝手な懺悔で前に進めない香留がどんどん変わっていく様が良かった~。
    聖志は強引なのにすごく人に気づかい出来る人間だし、照れ屋だしなんかもうくそかっこかわいいww
    脇役のおじいちゃんたちもいいアクセントだし、編集の三上もいい役だし、香留へのストーカーだったやつ意外みんないい人で読んでてホッコリさせられた!

  • 美人で天然な喫茶店のマスター・香留の店にある日、元常連客のベストセラー作家・安堂聖志が訪れる。
    今は亡き元マスターへの片恋を引きずっている香留に聖志は興味を持つが、素直になれなくて口うるさく構ってばかり。
    一方、香留もそんな聖志の不器用な優しさに、甘い感情を持ち始めていた。
    もう二度と恋なんてできない―そう思っていたのに、成り行きで触れてきた聖志の体温は、閉じ込めていた恋心を甘く刺激して…。
    ベストセラー作家×美人喫茶店マスターの極上のスイートラブ。

    ================

    いじらしくて、可愛い。
    お爺ちゃん’sが素敵♪

全4件中 1 - 4件を表示

恋の予感は甘く香る (角川ルビー文庫)のその他の作品

黒崎あつしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋の予感は甘く香る (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする