好きなものは好きだからしょうがない!!―White Flower〈上〉 (角川ルビー文庫)

著者 : 沢城利穂
制作 : つたえ ゆず  つたえ ゆず 
  • 角川書店 (2003年6月発売)
3.48
  • (16)
  • (9)
  • (58)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :145
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044425074

作品紹介・あらすじ

兄のように慕う真一朗は、相沢教授の策略により、空の目の前で連れ去られてしまった。それと同時に恋人として心を通じ合わせたはずの幼なじみ・直までが、姿を消してしまう-。それから4年、二人を取り戻すために、大学に通いながら探偵見習いを続けていた空が、真一朗の恋人・七海とともに、ついに動きはじめる…!!大人気PCゲーム『好きなものは好きだからしょうがない!!』完結編、ついに始動。

好きなものは好きだからしょうがない!!―White Flower〈上〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【BL】第6巻。上中下の上巻。相沢の元へ去った藤森と、攫われた真一朗。

    あれから4年。空は七海ちゃんと、青と一緒に生活していた。
    そんな空の前に、藤森と水都(真一朗)が現れるのだけど……

    学園が共学になってて、空は臨時教師やってるんだけど、この世界に女子いたんだってことに地味に驚いた(笑)

    七海ちゃん>>>>>その他男子>>>(越えられない壁)>>>女子のようだ。多分間違ってない。

  • 古本。
    長年積んでいたものを、ようやく崩して読みました。
    3作目を読んだのがだいぶ前だったので細かい設定忘れてたけど、読んでいくうちに色々思い出しました。
    昔はあまり感じなかったけど、しゃべり言葉の文章って読みづらいですね・・・。

  • そしてドラマCDも借りまくって聞きまくった。七海ちゃんがかわいいんだお☆石田声!三木石田!!(次へ)

  • ワンコ攻め(受けには捻くれる)×ツンデレ(攻めには捻くれる)。
    幼馴染。
    成長した二人の再会。因縁対決の行方。

  • お兄ちゃんも直もいなくなり少し怖い展開になってきた・・・

  • 相真vv

  • 「好きしょ」第4作小説版?。今や敵となった直との再会の巻。ここで直を嫌いにならないで読んであげると吉w

全8件中 1 - 8件を表示

沢城利穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

好きなものは好きだからしょうがない!!―White Flower〈上〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする