運命よ、その血杯を仰げ―遠征王と隻腕の銀騎士 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 角川書店
3.79
  • (10)
  • (13)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044450076

作品紹介・あらすじ

敵国ホークランドの地で、ミルザ将軍のもとに囚われてしまった女王アイオリア。一方パルメニアでは、大公ゲルトルードの命をうけた銀騎士ナリスが、主君奪還のために動き始めていた。「…わたしはただ、あなたを守る剣でいたかった」「そんなふうにおまえに側にいてほしいわけじゃない!」消えゆく命、ほどける糸、そして闇の中で見失い、光の中でふたたび手に入れるものとは?-遠征王、その最後の遠征。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 活字倶楽部で紹介され気になり、1~5巻読了。 麻々原絵里依さんのイラストがステキでした。 ミルザ将軍・・・。

  • 2011年7月2日読了

    なんていうか…アッサリと、本当にアッサリと終わったような気がする。
    ミルザのことやナリスの事に関しては、あまりにあっさりすぎて情緒どこ行ったんだって気がしてならないorz せめてナリスを好きになる過程とか、もっと分かりやすかったらいいんだけど…いきなりの心変わりにしか見えない(笑)読者から見たら確実にナリス<ミルザだったんだけど、オリエの心中はそうでなかったということか(;一_一)

    オリエが放浪に出て、ゲルトルードが即位したけれど彼女はそんなに孤独ではなかったような気がする。オリエが傍に居ない事が孤独だと言うなら、まさしく孤独だったろうけど。

    もっとはちゃめちゃなエピソードが隠れていそうな遠征王も終わってしまったorz 番外編を読んで、少し閑話休題しないとね!

  • 最終巻です。
    サブタイトルに「隻腕の銀騎士」とあるからもしかしてって思ったら、ナリスの腕がぁ!!
    でもナリスのことが好きだったなら、ミルザのことはなんだったんだろうとかって、ちょっと思っちゃいました。

    最後にはまた旅に出ちゃってましたけど、こんなに騎士団長が抜けて、国はどうなるんだろう。まあ、アイオリアが幸せそうなんで、いいかな。

  • シリーズ最終巻。ミルザはなるべくしてなったというラスト。ナリスの踏ん張りが凄まじかった。でもその後がちょっと。ラストオチはみんなで旅。ええ、そんな師団長が3人も抜けて良いのかこの国は!王はもういまさらなのでいいですが。ゲルトルードが切なくていい。孫娘に困惑するおばあちゃまも素敵。きっと困惑してても無表情なんだろうな・・・。ま、面白かったです。

  • 本編最終話。<br>
    ナリスやゲルトルードの秘密が明らかに。<br>
    キレイに纏まり、読後は大変満足でした。<br>
    ミルザやゲルトルードが切ないです。<br>
    サブタイトルに隻腕ってあり、予告や店頭で吃驚した人が多かったんだろうな(苦笑)<br>
    私も驚きました。

  • 遠征王シリーズ完結編。なんというか、物語の端々は好みだし面白いと思うのですが。全体的に、燃えないシリーズでした。何でだろう…?高殿さんは、国の興亡というか歴史の流れみたいな話が書きたいのかもしれないけど、高殿さんの話で魅力的なのは、個人個人のつながりみたいな印象があって。もっと、こう、視点を個人にしぼって貰えると、素直に燃えられるような気がします。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

『トッカン -特別国税徴収官-』『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』『政略結婚』等の一般文芸、『銃姫』シリーズ、『カーリー』シリーズのライトノベル、『魔界王子 devils and realist』等の漫画原作、舞台『メサイア』の原作・シリーズ構成等々、多方面で活躍し、今一番注目の小説家。

「2018年 『インフェルノ(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高殿円の作品

ツイートする