アルビオンの騎士〈前編〉―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : さいとう ちほ 
  • 角川書店
3.17
  • (1)
  • (2)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044451028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アルビオンの王子様がセシルに振られたという話でした。
    王子様かわいいなと思いもしましたが、正直にいうと誠実すぎて可哀想です。
    そしてオスカーの遺言が激しくてちょっと怖がったのです。

  • ニセ花嫁として嫁いだセシルも今やオスカーとラブラブ。しかし、パーティーの中で他の男に言い寄られるセシルを見てオスカーはイライラ。そんなときローゼンクロイツが現れた!!しかし、セシルは公妃としてローゼンクロイツからは足を洗ったはずで・・・。

  • 何度読んでも飽きない小説です。物語についつい入り込んでしまいます。

  • このシリーズを一言で表すなら「優雅」だろうなぁと。

全4件中 1 - 4件を表示

アルビオンの騎士〈前編〉―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

志麻友紀の作品

ツイートする