マスケティア・ルージュ 亡国の公女 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 志麻友紀
制作 : さいとう ちほ 
  • 角川書店 (2006年1月31日発売)
3.29
  • (2)
  • (0)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044451196

作品紹介

「オルテスの公女が生きていた!」衝撃の知らせがアキテーヌの宮殿を駆け巡る。国王の婚約者であった公女が生きているとなれば、王妃ディアナの立場は?娘を王妃の後釜にと狙うオギュスタン公も穏やかではない。真相を確かめるため、ユーグらと共にオルテスへ向かったジュリアは、そこで外交官アレッシオと再会した。彼に導かれ入った教会で、ジュリアが見たものは-!?華麗なるグランドロマン、第1部クライマックス。

マスケティア・ルージュ 亡国の公女 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007/01/20

  • 公女様、正体暴露編。ロザリアは、わりといい味をだしていると思います。目的がもっとはっきりすると(大儀か刹那か)、なおいいのですが。基本から逸脱しない物語展開ですが、お約束ということで満足です。ヒロインがもうちょっと大人になってくれると、恋愛沙汰が楽しいかもしれません。

全2件中 1 - 2件を表示

志麻友紀の作品

マスケティア・ルージュ 亡国の公女 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする