セイント・バトラーズ 東方の剣士と闇の皇帝 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : つだ みきよ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044451301

作品紹介・あらすじ

賢者の末裔である大公家は、千年前に封じられた魔王の復活を阻止するために存在する-麗しき少年大公アンドレアが、親友の伯爵ヒューバードに衝撃の真実を告げる。世界を暗黒に包んだ魔王が今、甦ろうとしているというのだ。それを止めるため、アンドレアとバトラーズは東方へと旅立つが…!?「約束しろ。必ず生きて戻ってくると」金獅子の伯爵と菫の大公の誓いは果たされるのか。華麗なる王宮事件簿第六弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皇帝があっけない。

  • やっと読んだ

  • 2011年6月15日読了

    積んでいて、ようやく読み始めたバトラーズ。
    読むたびにいろんな意味で萌え転がされていたわけですが、今回はシリアスですね。それも、ドがつきそうなほど。
    ジンが西方に来た理由が明かされ、そしてアンドレアは西方に旅立つ。王家やヴァルトのことなどもあり、後顧の憂いがなくなったとは言い難い状況での東方訪問なので周りは気が気じゃないのに、アンドレアは凛としてブレない。彼って、本当に傲慢なほど信頼を寄せてくるよね。
    そりゃヒューもああなるわ(笑)婚約の話に思いっきりごねた彼の姿を見て、本当にヒューはアンドレア至上主義だなーとか思っちゃう。彼としては、アンドレアと過去に交わした約束を守りたかっただけなんだろうな。でも、養子に入ったからいいじゃんwww←

    そして、安心のマックスとエスターの関係(笑)
    いくら芸妓の格好のエスターとはいえ、あの優しさはどうなの!疑ってかかれとしか言いようがないんですが!
    更に安心のレイアティーズの毒蛇ぶりwww 美人なのに勿体ねぇ斗毎回思わずにはいられないwww

    個人的には旅立つまでが意外に長く展開して、東方に行ってから短いのには驚いた(笑)最終決戦は次巻に持ち越しなので、一気に読まないと!

  • ヒューバードとクリスティーナの決意が良かったです!
    ただ東方へ行くのにこれだけかけたのに結局・・・な気が。

  • 世界を暗黒に包んだ魔王が今、甦ろうとしている――
    アンドレアの口から衝撃の真実が語られ、
    病弱可憐な美少年大公アンドレアとバトラーズは
    東方へと旅立つことに!!
    クライマックス直前、華麗なる王宮事件簿第6弾!!
    (amazon内容紹介より)

全5件中 1 - 5件を表示

志麻友紀の作品

ツイートする