今度はマのつく最終兵器! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 松本 テマリ 
  • 角川書店
3.46
  • (115)
  • (97)
  • (474)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1268
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044452025

作品紹介・あらすじ

このたびうっかり魔王に就任しちゃったおれ、渋谷有利。こっちの世界に戻って安心したのも束の間、ふたたび素っ裸で銭湯から異世界へGO!しちゃったおれは、魔王のステイタスを上げる最終兵器-魔剣モルギフを探す旅に出るハメに。名付親のコンラッド、婚約者のヴォルフラム(82歳・♂)と一緒の優雅な船旅に…なるわきゃねーだろ!どーするよ、おい!!抱腹絶倒ハイテンション・ファンタジー第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔王である必要があるのかは分からないけど、普段は攻撃を仕掛ける側であると思われているのは利点なのかもしれない。
    こちらが攻撃側なら、仕掛けるかどうかはこちらで決められますからね。
    ただ、逆に向こうから攻められたらどうするかというのはやはり考えなければならない。
    それが今回のテーマである、大きな力をどう持つかということだったのだろう。

  • ○マシリーズ第ニ段!読みやすくてするする読めた!ギャグまじりなので読んでて楽しいし登場人物がいちいちギャップあったりでおもしろいです!ヴォルフラムがなんだかんだユーリのことを気に入ってるかんじもすきです あとヨザックもきになる…カタカナの名前を覚えるのが苦手なのでがんばって覚える…

  • まるマシリーズ第2巻です。
    今は角川文庫で2冊で1冊の感じになっちゃってるのですがね…。
    タイトル通り最終兵器となる強力な武器探索ツアーです。
    モルギフ登場です。
    あと、ピッカリくんことヒスクライフも。
    前巻と同様のドタバタ異世界コメディです。
    ユーリが地球の基準でいろいろやっていろいろ騒ぎを起こして仲間に助けられるけど、結局魔王の魔力で全部ぶっ飛ばすという流れも前巻同様ですね。
    あとがきにもあったんですが、まともな人は出てこないんでしょうかね、この世界。
    コンラッドはまだまともな方だとは思いますけどね。
    ギュンターは子猫を生け贄にしようとするし、グウェンダルは可愛い物大好きだし、ヴォルフラムは…まぁ、いいや。
    ヨザックはまだユーリになついていない状態ですね。
    一応コミック版を新刊購入して読んでいるので、ここはすでに通りすぎているのですが(箱の中に入って出てきたぐらいのところまで。もっとも途中から違うルートらしいですが、コミック版は)、ヒスクライフって王族だったのねと。
    最後にはツェリ様も出てくるけど、モルギフ壊しちゃうし。
    まだまだ物騒な話は殆ど無く、ドタバタ感が楽しい作品でした 。

  • 2巻

    まだ一巻簡潔

  • 2日で読んだ。

  • 「まるマ」シリーズの本編第2弾。

    銭湯に突然現れた穴からふたたび眞魔国に戻ってしまったユーリは、人間たちの国カヴァルケードとの開戦を迫られることに。彼は戦争を回避するため、魔王しか持つことを許されないという伝説の魔剣モルギフを探しに、コンラッドとともに人間の住むシマロン領ヴァン・ダー・ヴィーア島をめざす。ヴォルフラムがユーリを追って旅に合流したり、ダンス・パーティで引っ張りだこになったりと、にぎやかな船旅に。

    だが、ユーリたちの乗る船が海賊に襲われたことから、状況が一変する。海賊たちの振舞いを目にして怒りに我を忘れたユーリの魔力が発動し、海賊たちを追い払うことに成功するものの、ユーリたちが魔族であることがバレてしまい、3人は囚われの身に。そんな彼らを救い出したのは、船内に潜入していたコンラッドの友人・ヨザックだった。

    こうして4人はヴァン・ダー・ヴィーア島にたどりつき、魔剣モルギフが眠るという山の頂上の泉をめざす。泉に眠るモルギフに指を噛まれるハプニングにも屈せず、ユーリは何とかモルギフを入手する。だが、モルギフは元気がない様子。どうやら人間の命を吸収しないと魔力を発揮することができないらしい。

    魔剣の本当の力を取り戻そうと画策するヨザックは、ユーリを偽って彼を死刑囚とのコロシアムの会場へと連れ出す。事情を知らず、とまどうユーリの前に現われた罪人は、彼の乗った船の乗務員として働いていた少年・リックだった。彼は海賊の手引きをしていたことを告白し、魔族のユーリを倒せば自分にも生きる道が開けてくるかもしれないと語る。ユーリはリックの命を救おうとするが、どこからともなく矢が放たれ、リックの処刑が実行される。そのとき、モルギフが観客の爺さんの命を吸い取って、魔力を発現する。

    無事に眞魔国へと帰ったユーリのもとへ、一つの報がもたらされる。彼が海賊から救った少女ベアトリスが、カヴァルケードの跡継ぎだったというのだ。こうして、人間と魔族との戦争は無事に回避されたのだった。

    コンラッドやヨザックの背後関係が仄めかされていて、続きが気になる。

  • あらすじに書いてあるように、ハイテンション・ファンタジー。
    テンポがいいのでさらっと読めます。
    グウェンダルさんの趣味が…可愛い♪

  • 一人称はさくっと読めるね。

  • 今度は銭湯から流されたユーリくん。
    人間どもを牽制するために牛も飛んでしまう魔剣を手に入れようと冒険の旅に出る。

    (2006年04月20日読了)

全74件中 1 - 10件を表示

今度はマのつく最終兵器! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

喬林知の作品

ツイートする