きっとマのつく陽が昇る! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 松本 テマリ 
  • 角川書店
3.37
  • (84)
  • (73)
  • (459)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1159
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044452063

作品紹介・あらすじ

真夏の海でアルバイト中、またまた流されて真魔国にたどりついた毎度おなじみ、おれ・渋谷有利の職業は魔王。ところが出迎えてくれたコンラッドたちの様子が変だ。どうやら今、こっちの世界では大変なことが起こっていて、俺が喚ばれたのもその陰謀によるものらしい。-なんて言ってるうちに、おれは敵国のどまんなかに転送されてしまった!おいおい、笑えなくなってきたぞ!?痛快ファンタジー、驚愕の新展開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多分今までが平和すぎたんだよ。
    そんなに強くない魔族。だけどやっぱり普通ではない。
    その普通ではない部分を遊ばれてしまう魔族。
    ちょっと人物がごちゃごちゃしてるので整理したいところです。

  • 5巻

    新章突入らしい

  • 「まるマ」シリーズの本編第5弾。

    夏休み、ユーリとムラケンの2人は、海の家「M一族」でアルバイトを始めます。そしていつものようにユーリが眞魔国にやってくるのですが、今回は、そこに駆けつけたコンラッドとギュンターが、いきなり戦闘に巻き込まれてしまいます。ギュンターは仮死状態に陥り、コンラッドは片腕を失って行方不明になってしまいます。

    何とか窮地を脱出したユーリは、小シマロン領カロリア自治区にたどり着きますが、なぜかムラケンもこちらの世界に流れ着くことになります。

    カロリアの領主ノーマン・ギルビットの邸へやってきたユーリとムラケンですが、ウィンコットの血縁者と名乗ったために、「ウィンコットの毒」をめぐるノーマン・ギルビット夫人フリン・ギルビットとアーダルベルトの抗争に巻き込まれてしまいます。

    この巻から物語はシマロン編に入ります。これまでとは一転して、一気にシリアス方向にストーリーを振ってきたのでちょっと戸惑いましたが、ギャグを散りばめたゴタゴタした文章はいつも通りです。

  • ギュンターの幽体離脱のくだりで大変なことになりました
    原作読むまではゲームだけ知ってたんですが
    ヴォルフは原作のほうがいいな……

  • 2009/10/26

  • 真夏の海でアルバイト中、またまた流されて真魔国にたどりついた毎度おなじみ、おれ・渋谷有利の職業は魔王。ところが出迎えてくれたコンラッドたちの様子が変だ。どうやら今、こっちの世界では大変なことが起こっていて、俺が喚ばれたのもその陰謀によるものらしい。―なんて言ってるうちに、おれは敵国のどまんなかに転送されてしまった!おいおい、笑えなくなってきたぞ!?
    痛快ファンタジー、驚愕の新展開。

  • ギュンターが矢でうたれ、コンラッドは左腕を切り落とされ行方不明。ユーリは村田とカロリア領でピンチ。そんなシリアスな巻。この先どうなってしまうんだろう?(アニメで大体知っているけど)と思わずにはいられない。ウィンコット家のことはほとんど知らなかったから、今回「なるほど」と思った。アーダルベルトも登場。体育会系な感じがいい。

    雪ギュンターにしたときの、アニシナとグウェンダルのやり取り、グウェン作「雪うさぎ」が笑える。かわいそうに・・・ギュンター。
    ヴォルフラムがとにかく男前。感情的になるシーン、兄に探索を申し出るシーンは何度読んでもいいなと思う。

    スザナ・ジュリアとアーダルベルト、コンラッドの関係を早く読みたい。次回の展開も気になる。

  • カロリア編その1
    結構いきなり急展開。
    コンラッドの腕がぶっとんだのは普通に冗談だと思いましたww
    ヴォルフがごっつかっこいい・・・!

全46件中 1 - 10件を表示

喬林知の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

きっとマのつく陽が昇る! (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする