めざせマのつく海の果て! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 松本 テマリ 
  • 角川書店
3.41
  • (89)
  • (70)
  • (431)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1109
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044452117

作品紹介・あらすじ

いろんな気がかりを異世界に残したまま、地球に帰ってきちゃったおれ、渋谷有利(職業・魔王)。もう戻れないのかな、なんて不安になってた矢先に、他人んちの学校プールから流されて懐かしの真魔国へ。ところが到着早々、おれを待っていたのは深刻な外交問題。長いこと鎖国状態だった聖砂国とやらがついに動き出したって話だが…。またしても波乱の予感!?つか聖砂国ってどこよ!?大人気シリーズ、待望の新章スタート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9巻

    新章スタート
    外交問題の話

  • サラレギー初出演回。まさか私の中で、あんなキャラクターに仕上がってくるとは思ってませんでした。

  • 「まるマ」シリーズの本編第9弾。

    元の世界に帰ってきたユーリに、まさかのモテ期が到来したのか、中学の同級生だった橋本麻美という少女と付き合うことになります。そこで、またしてもいつも通り、眞魔国へと流されてしまいます。

    今回は、小シマロン国が長年鎖国状態にあった神族の住む「聖砂国」と国交を開こうとしているという情報が眞魔国にもたらされ、対応を検討する会議が開かれることになります。そしてギュンターが、眞魔国の代表として小シマロンへ向かうことになります。しかし、ユーリとヴォルフラムの2人は、ギュンターの乗る船にこっそり乗り込み、小シマロン国に同行することを決めます。やがて小シマロン国にたどり着いたユーリは、街道の温泉宿で小シマロンの少年王サラことサラレギーと出会うことになります。

    今回は新登場のサラが全部持っていった感じです。

  • ついにサラレギーが出てきたよ~!!期待通りのうさんくささ!

  • 長い長い聖砂国編の始まり。
    小シマロンが聖砂国との国交回復に出ていると知り真相を探るべくいざ小シマロンへ!そしてサラレギー登場。

    ムラケン好きとしては最初しか出てこないからちと寂しいかなーと。
    ギュンターが珍しくかっこよく、そんな中でも通常運転だったりも。
    全体的にシリアスなんだけど、所々に散りばめられているお笑い要素に吹いてしまうと「やられたー」って気分になりますね(笑)

  • ギュンギュンが珍しくかっこいい!

  • 新章突入。サラレギー編。
    ひとくせも、ふたくせもありそうな、小シマロン王サラレギー。単純なユーリと計算高いサラレギー。読んでいるとユーリの人のよさに腹が立ってくる…。もうちょっと疑いなさいよ。

    ユーリが眞魔国に帰ってきて、グウェンダルと対峙するシーンがいい。冷たい感じがするグウェンダルだけど、弟のことをわび、できることなら・・・と国家のことを考える姿は、さすがだなと。

    円卓会議のシーン、コンラッド対ギュンターのシーンも見ごたえがあった。ギュンターのまじめな顔を久々に見た。

  • 聖砂国編その1
    新章突入、こっから一気に読んでいこうと思います。
    ギュンターがイケメンでしたねー
    だがしかし男前はヴォルフであった・・・!
    今回はちょっと影薄かったけどね(´・ω・)

  • 2010年3月30日

全38件中 1 - 10件を表示

めざせマのつく海の果て! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

喬林知の作品

めざせマのつく海の果て! (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

めざせマのつく海の果て! (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする