月の人魚姫 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : RAMI 
  • 角川書店
3.10
  • (2)
  • (2)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044453015

作品紹介・あらすじ

イルは、海で生活する種族の王様の末っ子。成人して自らの性別を決められる日がきたら、絶対に男性になって、憧れの叔父さんと同じ宇宙飛行士になると決めている。なのに嵐で難破した船から、陸の王子・エアリオルを助けたために、彼から熱烈なプロポーズをされてしまい、イルは大激怒!エアリオルの失脚を狙う一派の思惑もからんで、2人の関係はどうなる…!?榎木洋子のロマンティック・ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルや冒頭部分から、人魚姫をイメージさせるファンタジーかと思いきや、途中から銀河連邦や海洋生物調査や不老遺伝子などかなりの科学的だったりSFものだった。

    少ししか登場しなかったけれど、キースが気になる。彼はどういう過程で宇宙飛行士になってどんな冒険をしているのだろう。イルの気持ちのようにキースの行動が知りたい。
    今回は海を舞台にしていたけれど、次は宇宙へと進んでいくのだろうか。イルが思い通り男になれたらいいと思う。

  • 性別がない人魚のお話。自分は男になりたいけど、容姿が美しいイルは王子様から女として求愛されるっていう話。
    イルのキャラクターが面白くてかわいい。この本の魅力の一つだと思う。

  • イルは海で生活する種族の王様の末っ子。成人して自らの性別を決められる日がきたら男性になり憧れの叔父さんと同じ宇宙飛行士になると決めている。しかし嵐で難破した船からエアリオル王子を助けたために、彼から熱烈なプロポーズをされてしまい、イルは大激怒し…。
    人魚姫モチーフのファンタジー。

  • SFチックなお話。
    嫌いではないです。

  • タイトルの人魚姫とは、主人公のこと。
    でもそれは…男を目指している性別のまだない人魚だったりする。
    けれど王子さまは人魚姫に夢中。
    というか…姫を巡っての争いのお話、みたいなものですか?(ぇ

  • イルがかわいい!それにしてもヴィンが事件にかかわっていたなんて…ビックリした〜。
    20050829:読了

  • これは、いまいち。

全7件中 1 - 7件を表示

榎木洋子の作品

ツイートする