海賊と人魚姫 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 榎木洋子
制作 : RAMI 
  • 角川書店 (2002年9月発売)
2.95
  • (1)
  • (0)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
  • 56人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044453022

作品紹介

成人して自らの性別を決められる日が来たら、男を選んで宇宙飛行士になることを夢見る、海王の末っ子・イル。以前イルにプロポーズしてきた陸の王子・エアリオルとは、友人としてのつき合いが続いている。ところが、エアリオルに恋する財閥令嬢が出現!しかも彼女がイルにも一目惚れをしてしまったり、海賊の略奪行為が頻繁になったりと、騒ぎは絶えない。イルとエアリオルの関係は?そして海賊を追う二人が見たものとは…。

海賊と人魚姫 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ……読んだあとに話がまったく思い出せない。ブクログにレビューを書くために再読もしたのだけれど、少し時間をおいて思いだそうとしても、ストーリーが出てこない。
    それくらい、印象に残らない話でした。

    前回の話に比べたら、SFっぽさはあまり感じられない。
    エアリアル王子よりも断然ヴィンセントの方が存在感があって、今後イルとの関係がどうなるのか気になったけれど、この話は続きは出ていないので、中途半端なモヤモヤが残るだけです。

  • 成人したら宇宙飛行士になる事を夢見るイル。以前プロポーズしてきたエアリオル王子とは友人としてのつき合いが続いている。ところがエアリオルに恋する財閥令嬢が出現し、イルが彼女に一目惚れをされてしまったり、海賊の略奪行為が頻繁になったりするが…。

  • なんだかんだいって、イルはエアリオル王子のことが好きなんだよね〜。
    20050829:読了

全3件中 1 - 3件を表示

榎木洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海賊と人魚姫 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする