だからおしえて (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店
3.25
  • (6)
  • (5)
  • (28)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 106
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044455323

作品紹介・あらすじ

大病院を辞め、大学の医務室に勤務することになった医師の怜司。ところが勤務初日、ストーカー化してしまった昔の恋人に詰め寄られているところを、もう何年も顔を合わせていなかった年下の幼なじみ・響に助けられる。「ずっと好きだった。怜司を満足させるよう頑張るから、教えてよ」とキスをしてくる響。抵抗する怜司だが、ついに押しの強い響に負け、一度だけ試してみるという約束で、響に男同士のセックスを実地で指導するハメになってしまい…?寡黙Hな年下攻×自覚ナシな魔性の受の初めてだらけなラブ・レッスン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年の差カップル。

    病院勤めから、幼稚園から大学までの一貫校の医務になった玲司。
    9つ下の従兄弟で可愛がっていた響が突撃告白。
    病院を移った原因は以前玲司が付き合った生駒という男性がストーカーと化したため。
    響×玲司の図です。
    年下の強引な攻めで、流されやすい年上の受けです。

    なんだかんだと玲司は己の響に対しての感情を理解してカップル成立。

    成人しちゃえば10歳程度あまり関係ないしね。
    と、
    響の愛情が真っ直ぐすぎて眩しいくらい。
    御幸せに。

  • あーーーーーーーー
    ダメだった。

    年下わんこの一生懸命さはすごく良かったけど、受け・・・魔性じゃないよこれ。
    自己中過ぎる。
    周り振り回すだけ振り回して被害者ぶって偽善者ぶって・・・・
    自分でどうにもできないくせに、周りの優しさを受け止められないし、攻めの本気すら足蹴にしてる感じ。

    前作の松前と上総はほとんど出てこないし・・・

  • ★3
    読了日:? 出版日:10/2007

  • 大学院を辞め、大学の医務室に勤務する事になった医師の怜司。
    処が勤務初日、ストーカー化した昔の恋人に詰め寄られているところを、もう何年もあってない年下の幼馴染響に助けられます。
    「ずっと好きだった。怜司を満足させるよう頑張るから教えてよ」と年下攻めに襲われます。
    寡黙Hな年下攻め×自覚なしな魔性の受けの初めてずくしなラブレッスン。

全6件中 1 - 6件を表示

だからおしえて (角川ルビー文庫)のその他の作品

藤崎都の作品

ツイートする