世界一初恋~吉野千秋の場合 (角川ルビー文庫 78-28)

著者 : 藤崎都
制作 : 中村 春菊  中村 春菊 
  • 角川書店 (2007年11月1日発売)
3.80
  • (100)
  • (94)
  • (146)
  • (10)
  • (1)
  • 1090人登録
  • 50レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044455330

世界一初恋~吉野千秋の場合 (角川ルビー文庫 78-28)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり漫画の方が好きだなぁ…でも、トリを見ていると頑張れって応援したくなるし千秋は気づけよってつっこみたくなる笑というか、トリかっこよすぎ

  • あんななのにさらっと殺し文句を言えちゃうトリさんが好きです。アニメ観たい。

  • トリ(攻)にとって、すべてにおける物差しが千秋(受)なところがスゴイ。とにかく千秋の側にいるための就職先を選び、せっせと料理をして胃袋掴み、身の周りの世話焼きまくる。野分や忍ちんですら、自分の進路は自分で決めてたよ…
    そんな羽鳥に甘やかされたから、千秋はダメ人間になったのだ…
    優(横恋慕な友人)が千秋に自立を促すのも分かるなー

    千秋がわりと無神経なおにぶさんなのだけど、巻を追うごとにトリへの気持ちがはっきりしてくるところは、子供の成長を見ているみたいで面白い。

  • 純愛〜からの勢いでw千秋が鈍すぎて羽鳥が不憫でならない。

  • なんかこの話見たことあるなぁと思いつつ漫画を再読したけど載ってないし…とアニメで見たんだと気づくまで時間がかかりましたwwwトリへの気持ちを自覚しつつもニブちんな千秋。トリが切ない((T_T))トリが良い男すぎる(*´д`*)

  • 編集×少女漫画家(幼馴染)。受けの思考がフワフワとニュートラルで微笑ましくも面白い。それに反し、攻めは根っからの苦労性。少女漫画家という設定だが、本作の展開も少女漫画を彷彿とさせるライトテイスト。これからどのようにお互いの距離を縮めていくのか気になるところ。

  • まずアニメから入って原作のマンガを読み、それからこの作品に辿りつきました。
    アニメで羽鳥さんがすごく好きになってしまい、マンガを読んだのに出番がなく、この作品はスピンオフ的なのだと小説の存在を知って納得。
    小説を読み、アニメではよくわからなかった部分が理解できました。
    アニメではエッチなシーンはカットされてるんです。
    だから、羽鳥さんと千秋がつきあうことになったきっかけがアニメではあやふやで。
    羽鳥さんが千秋に嫌われても仕方ない、担当を変わってもらおう的な提案もエッチシーンなしじゃわかんないのですよー。
    しかし、羽鳥さんのキャラが好きで読んでみたので、エッチシーンがちゃんと描かれてることに最初は引きましたwww
    1回目はおおおって感じなんですが、回数を重ねるごとにそういうシーンの展開が新鮮ではなくなり、個人的にはなくてもいいやって感じでした。
    ストーリーはおもしろいとおもいます。
    私は元もマンガの主役2人がそんなに好きではないのでこちらを推します。

  • ピンポイント以外なら外でも読める、読みやすいBL。でも、面白い。

  • おもしろーい。

  • トリチアのスピンオフ小説。
    巻末の中村先生の漫画があるのが救い⁈かもww
    コミックの方がやっぱり色々イイかな。

全50件中 1 - 10件を表示

藤崎都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一初恋~吉野千秋の場合 (角川ルビー文庫 78-28)に関連する談話室の質問

世界一初恋~吉野千秋の場合 (角川ルビー文庫 78-28)を本棚に登録しているひと

ツイートする