部下のくせに生意気だ! (角川ルビー文庫)

著者 : 藤崎都
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年12月1日発売)
3.24
  • (2)
  • (9)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
  • 94人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044455453

作品紹介

「逃がすわけないでしょう」-突然、自宅のベッドで酔っぱらった後輩の東海林司に押し倒され、四宮和希は大パニック中だった。支社から異動してきた東海林の歓迎会に出席し、酔った彼を介抱するハメになったのは先輩として仕方ないとはいえ、今の東海林は自分を他の誰かと勘違いしているとしか思えない。おまけに東海林は和希が高校時代に密かに片想いをしていた相手。流されて抱かれてしまった和希だが、目覚めた東海林に「責任取らせて下さい」と土下座をされてしまい…!?デキる部下×意地っ張り上司が贈る片想いラブ。

部下のくせに生意気だ! (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甘いなー、と思ったけど角川ルビー文庫だものね!

  • ◎総合評価 4
    ◆ヒロイン? 4  ◆ヒーロー? 4
    ◆純愛 5     ◆情熱 3
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 1
    ※ときめける展開(笑)。恋のライバルもなかなか魅力的。彼にも幸せになってもらいたい(笑)。

  • 社会人の四宮和希は、高校時代の忘れられない記憶があった。
    それは後輩、東海林司に罰ゲームで告白されたこと。
    彼のことが好きだった四宮は傷付きながらも、東海林のことをずっと想い続けていた。

    そんなある日、四宮の会社に部下として東海林が入ってくる。
    歓迎会で酔った東海林が四宮にキスしたのも、自分と誰かを間違えたせいだと思う四宮。
    東海林との仲が徐々に深まる中で、部内で情報漏洩者がいるかもしれないとの疑惑が。
    さらに東海林に惹かれる四宮の前に、東海林の元を去った女性が現れる。


    過去のトラウマに傷付きながらも東海林を思い続ける四宮さんが可愛かったです。
    終盤で東海林はわざと時間をずらして罰ゲームをしたように見せかけていたというエピソードが、
    スマートな男前だなあと思いました。

  • まぁ、良くも悪くも【ルビー文庫】で【藤崎さん】だった

  • 後輩×先輩年下攻め。高校時代からサラリーマンになっても続く片思い。誤解と擦れ違いのラブストーリー。途中、小さなアクシデントもあるが予想を裏切らない対応と結末。良くも悪くもテンプレ通りの展開。安心して読めるが起伏の少ない印象。

  • 年下わんこ部下×先輩・・会社員もの


    キュン度★★★★
    P度★★

  • 年下攻 従×主 再会 ワンコ攻 すれ違い 敬語攻

  • 年下攻めの再会モノです。

    高校時代に失恋した相手が部下としてやってきて、今更好きだと迫られてパニック!という感じ。

    勘違いキャラな先輩も可愛いし、東海林は仕事とプライベートを分けられるデキる男だし、とキャラが魅力的です。年下攻め、リーマンものがお好きな方は是非♪

  • ん~・・・

  • うへぁ(*´д`*)

全11件中 1 - 10件を表示

部下のくせに生意気だ! (角川ルビー文庫)のその他の作品

藤崎都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

部下のくせに生意気だ! (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする