ボディーガードの恋 (角川ルビー文庫)

著者 : 藤崎都
制作 : 陸裕 千景子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年6月30日発売)
3.45
  • (5)
  • (5)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
  • 97人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044455521

作品紹介

堂島暁は実力派俳優として有名な32歳…だけど、来る者拒まずでスキャンダルもトラブルも日常茶飯事。そんな暁に堪忍袋の緒が切れた所属事務所の社長がマネージャー兼ボディーガードとして連れてきたのは、社長の息子でもある飯塚裕慈だった。過去に喧嘩別れをした裕慈と関わりたくない暁だったが、元SPだという裕慈に24時間付きっきりで警護をされるハメに。おまけに息が詰まる環境が我慢できず抜け出そうとした途端「だったら俺が抜いてやる」と言われてしまい…!?ボディーガード×人気俳優で贈るドキドキ芸能界ラブ。

ボディーガードの恋 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社長の息子で元SPのマネージャー×実力はだがスキャンダルの噂が絶えない俳優

  • ◎総合評価 3
    ◆ヒロイン? 3  ◆ヒーロー? 3
    ◆純愛 5     ◆情熱 3
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 1
    ※主人公のお相手が寡黙過ぎてちょっとモヤモヤする展開だったけど、ま、ハッピーエンドで良かった。

  • さらっと読める一冊。
    祐慈の過去の話も読みたかったです。
    というか、そちらを主人公にした方が私は好きかな。このページ数では難しいかもですが、もっと読みごたえのある一冊にしてほしかったです。

  • 幼馴染設定。主人公の葛藤が非常によく描かれている。

  • ワンコ攻ですね。天然で酒に弱い硬派。そして受はその反対でよく遊んでいたようです。
    なんとも一途で純情な恋なのでしょう。いい感じでした。

  • ★★★★『映画監督の恋』で脇キャラだった堂島の4年後くらいのお話みたいですね。あとがきにそう書かれていたんですけど、なんとなく今の堂島とは重ならなかったです。でも面白かったです。攻の一途な気持ちは良かったです

  • 受けが俳優だったので映画監督の~に出てきた人出てくるのかなーと思ったんだけどほんとにそうだった。しかし堂島ってこんなキャラだったっけ?と記憶が曖昧。まぁでも面の皮厚いって言ってたし、こんなもんか。内容的にはなんだろう、普通。昔の幼馴染と10年?だかそれ以上ぶりだかに再会して…という展開なんですが、ほんと普通だった。個人的に王道は王道を貫いてこそおもしろいとは思いますがどこかにもう少しパンチが欲しかったなぁ。

全8件中 1 - 8件を表示

ボディーガードの恋 (角川ルビー文庫)のその他の作品

藤崎都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする