少年伯爵は月下に奏でる (角川ビーンズ文庫)

著者 : 流星香
制作 : おおき ぼん太 
  • 角川書店 (2007年12月1日発売)
3.35
  • (3)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044456122

作品紹介

「討ちもらすな」大切な人たちを守るため、求血鬼となった美少年伯爵・ベルナルド。「我が主の命とあらば」正義を貫くため、ベルナルドの"対"なる給血鬼となった凄腕の軍人レオニール。怪物を殱滅する彼らをよそに、都ではベルナルドの代わりをしていた双子の弟が、兄の存在を知り、暗殺を企てていた!!月明かりの導きのもと、ここに『血の契約を』-!!ツンデレ伯爵とオレサマ軍人が贈る主従ファンタジー第2弾。

少年伯爵は月下に奏でる (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年伯爵シリーズ2
    大切な人達を守るため求血鬼となった美少年伯爵・ベルナルドと、正義を貫くためベルナルドの“対”なる給血鬼となった凄腕の軍人レオニール。怪物を殱滅する彼らをよそに、都ではベルナルドの代わりをしていた双子の弟が兄の存在を知り暗殺を企てていて…。

  • シリーズ2冊目。
    ベルナルドの双子の弟が事件の中心、かな? 無事に和解できて良かった良かった。
    双子なので、かわいい伯爵が二乗。
    しかも、性格がちがい、同じ顔で歳も同じなのに気位高めの兄と甘えん坊の弟としっかり別れているのがよし。
    あと、兄伯爵と弟伯爵、一緒に住めて良かった良かった。

    一応、ココで切っても良い感じの終わりなので、その点も良いなと。
    終わったのか、続くのか解らない終わり方、流先生結構多いから

  • ピアノ、そして弟の登場。ストーリーの切なさは健在。

全3件中 1 - 3件を表示

少年伯爵は月下に奏でる (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

流星香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする