少年伯爵は闇夜を駆ける (角川ビーンズ文庫)

著者 : 流星香
制作 : おおき ぼん太 
  • 角川グループパブリッシング (2008年4月1日発売)
3.62
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 35人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044456139

作品紹介

「我が前に跪き隷属を誓え」己を慕う仲間たちや、大切な領民を守るため、求血鬼になった強気な美少年伯爵ベルナルド。「我が主の意のままに」軍人としての正義を貫くため、本能をねじ伏せ、ベルナルドの"対"となった凄腕の軍人レオニール。街を脅かす怪物を追うレオニールは、美貌の王子の手に落ちて!?最強主従コンビ大ピンチ!!試される"対"の絆とは…!!少年伯爵とエリート軍人が贈る禁断の主従ファンタジー第3弾。

少年伯爵は闇夜を駆ける (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りて、巻抜けだったため3巻から。
    伯爵様が無敵にかわいいですね!そしてかっこいい!みんなに大事にされて、でも愛されてるだけじゃなく、愛されるのにふさわしい伯爵様です。弟君もすごくかわいい。
    途中から読んだので、怪物やら弟君との出会いやら、吸血鬼になった経緯やらをなんとなくしか理解できてないのですが、それでも面白かった1
    耽美が入ってる・・・?のかもしれないですけど、伯爵様がすごく健全なのでそんな気にもならず(笑 伯爵家の人たちみんな好きだなぁ。

  • 購入。未読。

  • 「怪物ってもしかして…」と、少し真相に迫りつつあるような。相変わらず伯爵の立ち回りの良さが格好いいなぁ。王子のSは決定のようで(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

少年伯爵は闇夜を駆ける (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

流星香の作品

ツイートする