少年伯爵は月光を纏う (角川ビーンズ文庫)

著者 : 流星香
制作 : おおき ぼん太 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年8月1日発売)
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044456160

作品紹介

「最初から『怪物』なんて、存在しなかったかもしれない」少年伯爵ベルナルド達はついに怪物の正体へと辿りつく。しかしそれはあまりにも衝撃的な答えだった。ベルナルドはその禁忌の実験を援助していたジョシュア王子と対峙するため、レオニール達は町に溢れる怪物達を止めるため、それぞれ炎上する研究所へと向かうのだが!?美少年伯爵と凄腕軍人の最強主従コンビが贈る、ヴァンパイア・ファンタジー感動の完結巻。

少年伯爵は月光を纏う (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年伯爵シリーズの最終巻です。
    面白かった!だんだん伯爵への賛美が激しくなっていったのは気のせいじゃなかった(笑 いやもう一生仲良くやっていけると思うよ。ハニーデューク先生と一緒に!セルバンもなんだかんだで一生一緒に居そうだし。
    ハッピーエンド!ですね。
    謎は謎のまま、なところもありますけど、でもこれでいいんじゃないかな。決着なんて滅ぶ以外につけられないし。
    何より王子さまが確実にハッピーエンド!
    悪夢は私の下に、の台詞は切なかったけど、でも良かった。

  • あっさりとした終幕でした。はっきりしないこともあったので、あんまり終わった気がしなかったかな。

  • 最終巻にしては、少々後味が悪いです。結局何がどうなったの?という疑問が残りました。
    兄伯爵はどうしたのか、アンドリューは結局逃げたのか、その前に生きてるのか?という疑問が残ったままですし、そもそもアンドリューはどうしてこんなことを犯したのか。結局殺されていた博士は誰だったのか。
    気になる点は多々ありますが、締めの言葉はとても綺麗でした。

  • 祝・完結!

全4件中 1 - 4件を表示

少年伯爵は月光を纏う (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

流星香の作品

ツイートする