キターブ・アルサール 風の呼ぶ声 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 朝香祥
制作 : 鈴木 理華 
  • 角川書店 (2005年1月28日発売)
3.41
  • (3)
  • (3)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044459086

作品紹介

風の民と呼ばれるアル・シャマル族。族長を決めるための「次代候補」であるジェナーは、同じ次代候補で従兄のカウスが、自分より優秀なことに引け目を感じていた。しかもジェナーの想い人、舞姫イリヤがカウスのことを好きらしいのだが、彼には放浪癖と女性に興味がないという問題があった。幼い頃「あるもの」に魅入られ、とらわれたという秘密がカウスにはあるようなのだが…。

キターブ・アルサール 風の呼ぶ声 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本編で万能すぎて何かあるだろうと思っていたカウスの番外編。
    ちょっと違ったけれどおおよそは思っていた通りでした。

  •  キターブ・アルサール外伝。次代候補であるジェナーは、同じ次代候補のカウスと比べられてばかりで引け目を感じる日々。カウスが結婚せず、時折ふらふら出歩く放浪癖の理由は何なのか。憧れのイリヤがカウスのことを好きらしいと知ったジェナーは
     この世界観が好きでした。もっと読みたかったなぁ。
     カウスと比べるとジェナーが子ども過ぎて、うじうじしててちょっとイライラしちゃいました。気持ちはわかるけど。そのせいか、どっしりしてて落ち着いてるカウスが素敵に思えました。ラストはハッピーエンドでいいんですけど、イリヤが積極的過ぎて強引な感じもしたりしなかったり…。

  • キターブ・アルサール5巻。こちらは風の民と呼ばれるアル・シャマル族の外伝です。ジェナーとカウスとイリヤのお話。一途なイリヤの強さは無茶苦茶カッコよいです。押しの強いお姉さまで素敵。

  • キターブ・アルサール外伝
    なんだか謎の人だったあの人が主役(笑)

  • -

    2008/9/19 20:24

全5件中 1 - 5件を表示

朝香祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キターブ・アルサール 風の呼ぶ声 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする