BLOOD+ ロシアン・ローズ (2) (角川ビーンズ文庫)

著者 : 漲月かりの
制作 : 高城 リョウ  Production I.G  Aniplex 
  • 角川書店 (2006年8月31日発売)
3.37
  • (3)
  • (9)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
  • 69人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044464066

作品紹介

20世紀初頭、ロシア。翼手を倒そうと懸命な少女・小夜の姿に、いつしか心を許し始めた赤い盾の少年たち。小夜の美しき従者・ハジは、どこか寂しい思いを噛みしめる。(小夜が穏やかでいられるのなら、それでいい…)だがそんな彼らに、謎めいた"灰色の枢機卿"グレゴリーと、宿敵・DIVAの魔手が迫り-!?小夜とハジ-二人の強い絆は、誰も断ち切ることはできない!!大ヒットアニメ「BLOOD+」必読のアナザー・ストーリー第2巻。

BLOOD+ ロシアン・ローズ (2) (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロシアン・ローズ2巻。

  •  ロシアでのサヤとハジの戦いの続き。

     うーーーーーん。
     やっぱり意味わかんないや。単に美少年を並べて、適当に話つくっただけって感じです。とりあえず、危ない感じのDIVAは楽しめましたが。
     でも、ラスプーチン=翼手というのは、面白かった。確か、始めに毒殺されて、刺されて殴られて射殺されて最後に川に投げ込まれたとかなんですよね、ラスプーチン。翼手ならそれでも死なないよな。
     うむ。もしかして、この話が残ってるから、ロシアを舞台にしようってなったのかな?

  • カバーのハジどうしたのってびっくりしていたなぁw

    1巻は読んだけど
    なぜか2巻は読む気ry

  • ハジの王子様っぷりが何とも…。
    割とべたな登場人物とストーリーだけど、本編もそうなのか?

  • 最近DVDも見ててブラプラの世界に浸る日々です。ロシアン・ローズ、私は大好き。
    2007/7/4

  • んー、ちょっと消化不良。途中でだいたいのネタが読めちゃったというのもありますが。小夜とハジのラブストーリーとして読むならいいかもしれない。しかしアレクセイ皇子は素直で可愛かったのになあ…。

  • BLOOD+のサイドストーリー完結編です。
    第1巻は面白かったんだけど、どうも後半はだらだらしている感じもあって、好感が持てませんでした。
    しかも、登場人物を完全に消化しきってないし。
    まあ、小夜とハジとの関係と、ディーヴァとの関係がはっきりしたら十分なのかもしれませんが、でもね、せっかく出した「赤い盾」のメンバーを、放置したままっていうのはどうかなあ・・・
    ちょっと結末に不満が残りました。
    1・2巻総じてはまあまあってところでしょうか。

全10件中 1 - 10件を表示

漲月かりのの作品

BLOOD+ ロシアン・ローズ (2) (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする