瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 由貴 海里 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.75
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044471149

作品紹介・あらすじ

「怖がるな。…俺がいつだってお前を守るから」神獣との激突から復活した芦琉だったが、何かが変わってしまっていた…。時折見せる不穏な気配に、祖先から受け継がれた闇の力を危惧した緋奈は、鍵を握る敵国・紫洞の遺跡に向かうが、時同じくして深波と、弟・水稀の立太子式が行われるとの報せが入る。緋奈は、愛する人たちを取り戻せるのか-!?大人気エイジアン・ラブ・ファンタジー、新展開の第九弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 次くらいからやっと話が大きく動くかなー。
    それにしても、どこでも簡単に(紫洞王宮特に)侵入できすぎじゃない。何回目だ。
    話に入り込めないけど、ここまで来たら最後まで読む。。

  • リュウとの激突から目が覚めた芦琉ですが、なんだか前とは違う感じ。黒芦琉って感じでしょうか。怒ると怖いとことか、緋奈一番の嫉妬王太子ってところは前からですが、周りの人の軽口もちょっとよそよそしさを感じるような・・・?

    黒嶺側もキャラが一杯出て来て、たぶん間をあけたら、誰が誰だかって感じになりそうです。そういえばまだ出て来ていない将軍様もいるんですよね。

    紫洞にある暁槻の遺跡に向かった緋奈たち。芦琉の様子がやっぱりおかしいです。重要な文をわざと壊した感じもします。いったい、芦琉の中にいるのはいったい何なんでしょ。

    遺跡から出て、潜入した緋奈ですが、久しぶりに雷音と深波、朱根王、水稀が出て来ました。雷音は相変わらずで、こんなんで宰相できるのかしらと思ってしまう言動ですが、水稀にもびっくりです。芦琉を敵対してきて、しるしも出て来て、「控え」って、芦琉の中にいるものの控えってことなんですかね?あー、水稀やだなぁ。

    最後、芦琉がどうやったのか、朱根王だけでなく、水稀も取り戻してきましたけど、紫洞に炎を向かわしたりと、次巻が気になる展開ですが、次は短編集なんですよね。
    早く読まなくっちゃ。

全2件中 1 - 2件を表示

瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

槇ありさの作品

ツイートする