歯科医は愛を試される (角川ルビー文庫)

著者 : 水壬楓子
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店 (2003年10月発売)
3.33
  • (3)
  • (10)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
  • 80人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044476052

作品紹介

パティシエの飛鳥は、ひょんなことから幼なじみでライバルの歯科医・桂史郎と同居することに。高校時代、桂史郎に襲われた記憶が忘れられない飛鳥は、警戒しっぱなし。けれど桂史郎の巧みな「餌付け」に飛鳥はメロメロに。しかも仕事で凹んだ飛鳥を、強引にカラダで慰めてくれて…!?…ちょっと待て、あいつは「間違い」で俺を抱いた男だぞ!?料理上手でテクニシャンな二枚目歯科医と、一本気で単純な美形パティシエの、誘惑だらけの同居!?同棲!?ギリギリラブ。

歯科医は愛を試される (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◎総合評価 4
    ◆ヒロイン? 4  ◆ヒーロー? 5
    ◆純愛 4     ◆情熱 3
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 1
    ※思ったより楽しめた。ある意味タイトル通り。ちょっとイジワルだけど、一途に見守って支えてくれる人って素敵です。

  • 歯科医×洋菓子屋。幼馴染の王道、擦れ違いや少々強引な展開もあるがハッピーエンド。バイト君に裏切られるシーンは切ない、が、基本的に受けが純粋で可愛い。攻めも健気で可愛いく、28歳の男の恋愛にしては言動が初々しい。タイトルは歯医者だがほぼ洋菓子屋の話。エロは濃く、エロ後の受けの失神率が高い。

  • ★3.5。幼なじみラブとしてはソコソコ楽しめました。
    若干コメディータッチなので、幼なじみだから苦しくて…などの葛藤は薄めだったのが残念。
    攻がいつから受を意識し始めたのか、どういう想いで高三の秋に行動に移したのか、という攻の内面が描かれていなかったのも残念。
    受も後半はちょっと意地を張り過ぎて口が悪かったのも鼻につきました。
    それでも幼なじみだった頃の微笑ましいやり取りや、現在の二人の憎まれ口の応酬には萌えました。

  • 歯医者×パティシエの話
    幼馴染みものです。
    どこかすっとぼけて笑えて和む作品ですが、
    ケーキと歯医者の組み合わせは最高ですわ(笑)

  • 諏訪部さん×鳥海さん

  • お互い両想いなくせに、すれ違ってる幼馴染二人がかわいいです。攻めが歯科医、受けがパティシエで、そこらへんもいろいろキーになってきます。
    CDだと諏訪部×鳥海で、横槍いれるのが杉田なので、美声好きにはたまらないと思います。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    幼なじみでライバルな歯科医×パティシエの同居(同棲!?)ラブストーリー!

    パティシエの飛鳥は、幼なじみのエリート歯科医・桂史郎と同居生活を始めることに。過去の因縁のせいでうまく馴染めない飛鳥だったが、「餌付け」される快適な毎日の上、体まで奪われてしまい!?



    内容(「BOOK」データベースより)
    パティシエの飛鳥は、ひょんなことから幼なじみでライバルの歯科医・桂史郎と同居することに。高校時代、桂史郎に襲われた記憶が忘れられない飛鳥は、警戒しっぱなし。けれど桂史郎の巧みな「餌付け」に飛鳥はメロメロに。しかも仕事で凹んだ飛鳥を、強引にカラダで慰めてくれて…!?…ちょっと待て、あいつは「間違い」で俺を抱いた男だぞ!?料理上手でテクニシャンな二枚目歯科医と、一本気で単純な美形パティシエの、誘惑だらけの同居!?同棲!?ギリギリラブ。


    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    水壬 楓子
    1月26日生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

全7件中 1 - 7件を表示

歯科医は愛を試される (角川ルビー文庫)のその他の作品

水壬楓子の作品

ツイートする