甘く危険な恋の香り (角川ルビー文庫)

著者 : 水上ルイ
制作 : 藤井 咲耶 
  • 角川書店 (2005年6月30日発売)
3.36
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044486075

作品紹介

「一晩中抱きしめて、アナタの香りを俺に移して」化粧品会社に勤務する香川亮介は、新作香水の企画に悩む中、偶然迷い込んだ路地で見つけた香水店で、恐ろしく艶のある香りを纏った極上の調香師・西園孝明と出会う。なぜか西園の香りに腰砕けになった亮介は、これこそ理想の香りと思い仕事を依頼するのだが、その途端「ベッドの相手をするなら引き受けよう」なんて条件を出されてしまい…!?アナタの香りは俺を虜にする媚薬-カリスマ調香師×新人社員のエロティック・ラブ。

甘く危険な恋の香り (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◎総合評価 4
    ◆ヒロイン? 3  ◆ヒーロー? 4
    ◆純愛 4     ◆情熱 4
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 2
    ※個人的には一目惚れという設定はあまり好きではないが、本作品はその設定が必要だったということで、比較的拒否反応なし。楽しめた。

  • カリスマ調香師×新入社員


    香りにまつわる表現が綺麗。

    キュン ★★★
    P度   ★★

  • 化粧会社勤務の亮介は、世界的に有名な調香師・西園と偶然出会う。
    「抱き枕」を条件に恋に落ちるような香水を作るという西園に亮介は・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

甘く危険な恋の香り (角川ルビー文庫)のその他の作品

水上ルイの作品

甘く危険な恋の香り (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする