エグゼクティブの恋愛条件 (角川ルビー文庫)

著者 : 水上ルイ
制作 : こうじま 奈月 
  • 角川書店 (2006年6月30日発売)
3.48
  • (4)
  • (4)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 55人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044486112

作品紹介

ずっと好きだったグランシェフの小田桐に失恋したシェフの鮎川幸彦。切ない胸の内を冷たい表情に必死で隠しつつ、小田桐のもとで働く鮎川だが、そんな心情を店のオーナーでもある大富豪・アルマンドになぜか見破られてしまう。「小田桐のもとにいたければ、滞在期間中だけ私の恋人になりなさい」と条件を突きつけられた鮎川は、どうせすぐに飽きられると思って、小田桐の側にいるためだけにアルマンドに従うことを決めるのだが!?最上級な男×極上なクールビューティーが贈る美味しい恋のスペシャル・ラブレシピ。

エグゼクティブの恋愛条件 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  前作「グランシェフの恋愛事情」にちょこっと出てきていた鮎川さんのお話。

     ずっと想っていたグランシェフの小田桐に失恋したシェフの鮎川雪彦さん。
     小田桐の恋の相手は、入ってきたばかりの新米シェフで、職場でも随所で彼のことを小田桐が大切にしている場面が目に入ってくる。
     クールだけれど本当は優しい鮎川は、小田桐の想い人のことも嫌いになれず、切ない胸の内を必死で隠しつつ、小田桐の下で働いていた。
     けれど、そんな心情を店のオーナーであるアルマンドに見破られてしまう。
     アルマンドは以前から、鮎川に対して自分の想いを伝えてきていたが、鮎川はまったく本気にしていなかった。
     けれど、そんなアルマンドから、「小田桐の下にいたければ、滞在期間中だけ、専属シェフとして食事を作ってくれ。デザートはキスで」と命じられる。
     それを聞いた鮎川は、金持ちの気まぐれだろう、どうせすぐに飽きられる、と考え、小田桐の側にいるためだけにアルマンドに従うことを決めるのだが……

     という話でした。
     鮎川が小田桐に抱いていた気持ちは本当は、「憧れ」であって「恋愛感情」ではなくて、アルマンドと接しているうちに初めてアルマンドに対して欲望を抱いて、自分が小田桐に抱いていたのは恋愛感情じゃないということに気が付く。

     そして、今まで抱いたことのない気持ちをアルマンドに対して抱き、混乱する……という話でした。

     鮎川はクールビューティーのように見えて、実はものすごくピュアで、恋にも慣れてない。そんな鮎川が恋に気づいて自分に正直になるまでのお話でした。
     割と王道よりなので、好き嫌いなく読めるかと思います。

  • ずっと好きだったグランシェフの小田桐に失恋したシェフの鮎川幸彦。切ない胸の内を必死に隠しつつ、小田桐のもとで働く鮎川だが、そんな心情を店のオーナー・アルマンドに見破られてしまう。「小田桐のもとにいたければ、滞在期間中だけ私の恋人になりなさい」と条件を突きつけられた鮎川は、どうせすぐに飽きられると思って、小田桐の側にいるためだけにアルマンドに従うことを決めるのだが……。

  • 失恋→新しい恋って、女の子だって大変ですが、男の子だって大変です!しかも、意地っ張り+天邪鬼。ツンツンさんにはやっぱり太陽みたいな人じゃないと上着は脱がせない訳ですよ!!!(大丈夫かお前)
    いや、兎に角、大好きだ〜!!
      外。

  • 「グランシェフの恋愛条件」の
    小田桐に失恋した鮎川とそのレストランオーナー・アルマンドの話

    小田桐にバラされたくなければ専属シェフになるようにと脅された鮎川は・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

エグゼクティブの恋愛条件 (角川ルビー文庫)のその他の作品

水上ルイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エグゼクティブの恋愛条件 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする