執事は永遠の愛を捧げる (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 六芦 かえで 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044486242

作品紹介・あらすじ

名門貴族フェアフィールド家の血を継ぐ安東秋良は、祖父から突然英国に呼ばれ、当主継承争いに巻き込まれることに。モデル並みに美しい執事・エインズワースに預けられ、教育を受けることになるが、見た目を裏切るいじわるで辛辣な彼の態度に反発ばかり。けれど二人きりで遠出した夜、身の安全のためにと添い寝してくれた彼の体温に、秋良の体は何故か甘く疼いてしまい…!?「イケナイ御主人様だ。お仕置きですよ」。いじわるな英国執事×お坊ちゃまのビクトリアン・ラブロマンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確か初めて読んだBL本でした。主従ものが昔から好きで好きで好きなので手に取りました。主人受けで完全無欠部下攻めが特に好きです。どうでもいいですね。

    風景描写が細かくて、イギリスに行きたくなりますね!あと、スコーンと紅茶も美味しそうで思わず買ってしまいました(笑
    主人公は可愛げがあって好感が持てました。攻めの意地悪執事もツボ。特に風呂のシーンはドSでゾクゾクしました。
    最後の方の展開はやや強引かつご都合主義じゃないか…?とは思いましたがボーイズラヴってラブがメインなので仕方がないのかな
    しかし、お家騒動のことなど、もっとモブも掘り下げてほしかったです。これじゃあおじ様は本当にやられるために生まれた存在じゃないか

  • 難しく考えることなく読めるシンデレラストーリー。クール執事攻×やんちゃ高校生受。攻、受交互の視点から描かれているため心情が汲み取りやすい。イギリスの風景やマナーハウス、上流社会の生活が垣間見えるようで楽しい。

  • 名門貴族フェアフィールド家の血を継ぐ安東秋良は、祖父から突然英国に呼ばれ、当主継承争いに巻き込まれることに。モデル並みに美しい執事・エインズワースに預けられ、教育を受けることになるが、見た目を裏切るいじわるで辛辣な彼の態度に反発ばかり。けれど二人きりで遠出した夜、身の安全のためにと添い寝してくれた彼の体温に、秋良の体は何故か甘く疼いてしまい…!?「イケナイ御主人様だ。お仕置きですよ」。いじわるな英国執事×お坊ちゃまのビクトリアン・ラブロマンス。

    英国名門貴族の執事X高校生 年の差&年上攻

    いつもの水上ワールド全開。

  • 回送先:町田市立堺図書館

    シンデレラストーリーの様相を呈しているが、実際にはそれがうまくいかないんだよということも陰ながら囁いている作品。
    ぎこちない関係にやきもきする読者もおられよう。しかし、評者はこのぎこちなさに普通の恋愛を求めようとする姿勢を読み取ることができると考える。

    タイトルとあらすじから見れば「執事×高校生」のオーソドックな展開だと思われる(し、実際そうである)。しかし、そこに「次期貴族当主」のイスというオプションをつけたがためにシンデレラストーリーっぽく見えてしまうだけなのかもしれない。

    一読した感想は、「よくあるネタ」の一種以上のものを提供されてはいないなという思いと、階級を越境する行為を甘く見ているなという思いしかない(これは他のBL作品でもいえてしまう話なのだが……)。何かオリジナリティがほしい。一読してそう思う。

    シンデレラの魔法はもう溶けかかっている。そこに水上が気づくのは一体いつになるのだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

執事は永遠の愛を捧げる (角川ルビー文庫)のその他の作品

水上ルイの作品

ツイートする