龍の王女 ザ・ラスティ・ワールド (角川ビーンズ文庫)

著者 : 喜多みどり
制作 : 凱王 安也子 
  • 角川書店 (2004年4月28日発売)
3.60
  • (8)
  • (10)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
  • 78人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044495039

作品紹介

龍と共に戦う、強く美しい女王クレシャナには、秘密があった。彼女の右目は、未来を見ることができる『予言の書』なのだ。クレシャナの婚約者は、繊細な美貌だけど、どこかすれた感じの青年・ガリオン。彼との結婚を間近にひかえたクレシャナだが、ある日突然、ガリオンはクレシャナを裏切り、予言の書を奪って逃亡する。異世界に放り出されて、奴隷になってしまったクレシャナの運命は…!?喜多みどりが贈る、新しい物語。

龍の王女 ザ・ラスティ・ワールド (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 復讐。復讐。復讐の言葉しかなくて読んでいて不安になったが、後半がカバーしてくれて一安心。

  • 奴隷王女。左右異なる色を持つ瞳が見すえるものは、ただひとつ──復讐。

    王女クレシャナの幸せのすべてが、婚約者ガリオンの裏切りによって狂っていった。異世界へ飛ばされ、奴隷となったクレシャナは、ガリオンへの復讐を誓うのだが……!? 強く美しい奴隷王女のファンタジー活劇!!

    王女の仇は婚約者。
    龍と共に戦う、強く美しい王女クレシャナには、秘密があった。彼女の右目には、未来を見ることができる『予言の書』なのだ。クレシャナの婚約者は、繊細な美貌だけど、どこかすれた感じの青年・ガリオン。彼との結婚を間近にひかえたクレシャナだが、ある日突然、ガリオンはクレシャナを裏切り、予言の書を奪って逃亡する。異世界に放り出されて、奴隷となってしまったクレシャナの運命は…!? 喜多みどりが贈る、新しい物語!!

  • 龍と共に戦う、強く美しい女王クレシャナは、未来を見る事ができる『予言の書』を右目に持つという秘密があった。クレシャナの婚約者は、繊細な美貌だがどこかすれた感じの青年・ガリオン。彼との結婚を間近にひかえたクレシャナだが、ガリオンはクレシャナを裏切り予言の書を奪って逃亡する。異世界に放り出されて奴隷になってしまったクレシャナの運命は…。

  • シリーズ1作目

  • これは面白かった。今までの喜多作品の中ではこれが一番好きかも。龍好きだからかな。

  • 「西風の皇子」とは世界もそうですが、雰囲気も違っていて。
    主人公がまた格好良い!!
    龍に乗れる、強い、なんて!
    "彼"とのことが気になる終わり方をしていて、いつか読む機会があることを思わず願ってしまいました。

  • 一度西風シリーズとは違う喜多さん著者のものを読んでみたくて購入。この作品もテンポよくておもしろくて最高ですねw

全7件中 1 - 7件を表示

龍の王女 ザ・ラスティ・ワールド (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

喜多みどりの作品

龍の王女 ザ・ラスティ・ワールド (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする