光炎のウィザード―再会は危機一髪 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 宮城 とおこ 
  • 角川書店
3.61
  • (13)
  • (12)
  • (37)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044495114

作品紹介・あらすじ

"学園"に所属する見習い魔術師リティーヤは、幼いころ生き別れになった家族と命の恩人を捜している。担当教官の青年ヤムセは美形だけど、無口・無表情・超甘党とヘタレ要素そろいぶみ。今日も今日とて調査のため、さる土地を訪れた二人だが、そこで待ち受けていたのは、兄によく似た人とヤムセの過去、そして謎の武闘会で…!?新たな恋の予感もアリの、暴走美少女+ヘタレお師匠による、愛と冒険のファンタジー第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ2巻なのにもう何巻も読んだような感覚…。挿絵が美しい。
    リティーヤは美少女設定なのにほとんどその設定は生かされてない。
    今後の展開ではどうなるのかな。

  • 一巻に引き続き、すごく面白かったwwシビアとコメディー(?)が絶妙!!
    ヤムセ最高(笑)無言で自分を指すシーンは親指でシュビッとか効果音をあげてそう(笑)リティーヤにみぞおちを食らわせた場面では無表情でカンカンカーンッと右腕をあげてる絵が浮かんだ^^リティーヤがイルザークの事を言わないと見越してたとこ、格好良かったなぁ。
    ところでイルザークのあの発言はドMってことなんでしょうか…(笑)
    宮城とおこさんの絵は相変わらず美しい…。リティーヤのドレス姿とかヤムセの正装とかもう満足。謎が深まっていくばかり。
    続きが気になるww http://ututusamayouhisseki.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

  • いろんな人の思惑と過去が見え始めた第二巻ですがまだ話の行方がよくわからない。思わせぶりな狐がまんまと気になります。

  • リティーヤ。
    今更ながら、KYヒロインが駄目なことに気づいた。
    なんであんたはクギさされてんのに言うこと聞かないのよ!!
    て思っちゃう。
    行動が軽率すぎる〜


    やむせ君もばど君もてよるさんも
    みんなイイヒト過ぎでしょ。
    これまでの行動を総括すると平手一発じゃすまないと思うよ。

    団体行動だよ!
    生死かかってんだよ!!

    そんな駄目ヒロイン、宮城さんのイラストはアタリだったと思う。
    宮城さんの漫画もぽやっと天然系が多いし
    ヒロインのキャラがにてる。
    正直ビジュアルで半分以上許している自分がいるものね。

    後は、今後の成長に期待。


    キツネのからみもきょうみぶかいですなあ。
    どうなるんだろ、ドキドキ。
    乙女心をくすぐられるちょっかいをリティーヤにかけてくれるのが
    好き。

    なんだかんだいって、駄目ヒロでも可愛いヒロインがちやほやされ点の観るのは気持ちいいよね。
    本質的にいい子だしね。リティーヤ。

    てとこから、☆よっつ。

    と、いうわけで。
    なんだかんだはまっているんですね。

  • 06/12/12/Tue

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

北海道出身。第1回角川ビーンズ小説大賞にてデビュー。代表作に「光炎のウィザード」シリーズ、「デ・コスタ家の優雅な獣」シリーズなど多数。

「2018年 『弁当屋さんのおもてなし ほっこり肉じゃがと母の味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光炎のウィザード―再会は危機一髪 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

喜多みどりの作品

ツイートする