シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ (角川ビーンズ文庫)

著者 : 喜多みどり
制作 : 桐矢 隆 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年7月1日発売)
4.00
  • (16)
  • (26)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 134人登録
  • 22レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044495206

作品紹介

16歳の誕生日、むりやり漆黒の悪魔の花嫁にされた助祭の少女、コンスタンティン。彼女は、悪魔にはめられた契約の指輪を壊すため、正体を隠して伝説の聖女"黒い羊"に変身し悪人を倒すことに!!だけど、異端者と見なされて美貌の司祭ユリエルにまで追われることになってしまい!?「これは吾が花嫁だ」「違う。私の獲物だ」-悪魔との離婚が先か、ユリエルに捕まるのが先か。禁断のトリニティ・ラブ・ファンタジー開幕。

シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正体隠した男装の麗人ですね、大好物ですw
    やや三角関係だし、ますますおいしい!
    コンスタンティンが女子だと知らないユリウス様が苦悩するのがこれからの楽しみになるのですねw

  • 1~5巻所持の為、1巻だけ登録。
    泣いたり笑ったりしながら読めた、素敵な作品。ヒロインが一番の男前だったと思う。2人のヒーローより、ヒースを好きになってしまった。

  •  16歳の誕生日、むりやり漆黒の悪魔の花嫁にされた助祭の少女、コンスタンティン。彼女は、悪魔にはめられた契約の指輪を壊すため、正体を隠して伝説の聖女【黒い羊(ブラックシープ】に変身し悪人を倒すことに!! だけど、異端者と見なされて美貌の司祭ユリエルにまで追われることになってしまい!? 「これは吾が花嫁だ」「違う。私の獲物だ」――悪魔との離婚が先か、ユリエルに捕まるのが先か。禁断のトリニティ・ラブ・ファタジー!!

  • コンスタンティンが本当にやる事なす事、頭の中身まで男の子で、本当にそうやって育てられてきたんだなぁとしみじみ思う。甘さを求めると物足りないかもしれないが、男の子の冒険活劇だと思えば案外しっくりくる。
    悪魔と司祭のどちらとくっつくかはわからないが、個人的には司祭かなぁと思った。私の好みの問題ではなく。だって悪魔、聖水に沈められるわ猫扱いされるわ、最終的には完全に忘れ去られてるし・・・(笑) 面白い性格をしてるので、これから挽回してくれるのかもしれませんが。
    現時点で完結巻まで出てるようなので、がんがん読み進めようと思います。

  • イラストは全く好みじゃないんですけど、内容はコメディが入っていて、中盤から面白くなりました。(最初はイマイチのれなかったです。)

    赤ちゃんのときに悪魔に目を付けられて、16歳で悪魔の花嫁とされるはずだったコンスタンティンの元にちゃんと悪魔がきましたけど、コンスタンティンの元に来る前に悪さをして、力をなくして猫になってました。悪魔なのに姿が猫だったからか、悪魔を殺しそうな勢いのコンスタンティンです。

    ずっと男として生きてきたからか、女の子らしいところがほとんどなく、シスターブラックシープで活躍し、レオンやユリエルと至近距離であっても、全く気付かれません。

    最後の方、悪魔がジェラシーを感じて、余計なことをしてますし、この巻ではユリエルが一歩リードな感じがしました。

    このどっちとくっつくのか分かりづらいのは苦手ですが、思ったほど悪くなかったし、次巻も読んでみます。

  • 悪魔と司祭と助祭。
    3人が3人とも秘密があって、それがバレたりバレなかったり・・・
    シリアスだったりギャグだったり、全体的にギャップを楽しむ話だと思った。
    キャラクターを把握するのが結構大変だったけど、
    話の流れ自体はしっかりしていて読みやすい。

    主人公もやんちゃながらも共感できるキャラクターで読んでいて楽しかった。
    次も読むのが楽しみ。

  • シリーズスタート当初から買い続けて、完結するまで待とうと思って、今回完結したから一気読み。

    もっとかかると思ったけど早かった。

    喜多先生毎回ボリューミーで嬉しい。
    良心的な作家さん。


    恋愛小説って、
    大体最初の時点でだれとくっつくか予想がつくんだけど
    一巻を読んだ時点では、誰とくっつくのか読めん。
    読む前は何となく悪魔とくっつくと思っていたのだが。。。


    主人公がまったく悪魔に関心をはらってない件ww


    そしてふと気づく。


    主人公vs人間♂vs人外♂


    光炎のウィザードとおんなじ三角関係の構図!!


    しかも、主人公vsヘタレvs人心に疎い人外


    その前のシリーズを読んでないからわからないけど

    こういう展開が得意なんでしょうか。

    きらいじゃないから全然文句とかないですけどね!


    さてさて。つづきつづき。

  • 赤ん坊の頃「16歳で悪魔の花嫁になる」と運命づけられていた少女・コンスタンティン。その運命に逆らうために男装し、助祭となった彼女の元に黒猫の姿の悪魔が現れる。
    悪魔に無理矢理「契約の指輪」をはめられしまったコンスタンティンは、その指輪を破壊するために【黒い羊】となって善業に励むことになるが…。

    展開はちょっと分かりにくい部分があったものの(ウィリアムとエドのあたり)、キャラクターも面白いし、設定もステキ。
    特に正体を隠して行動、というのは心惹かれるものがありますなぁ!
    魅力的な男性陣の中ではニコラスが特にパンチ効いてて好きかも(笑)

    悪魔か司祭かと言えば、今回は司祭様が一歩リードな感じでしたが、悪魔も中々面白い奴なのでこれからどうなるのか楽しみ。

  • ギャップを楽しむ小説ですね。

    ・ゴシックな絵柄で、ドタバタコメディ
    ・普段、男のふりをしている主人公は、中身も男らしい
    ・そんな主人公を花嫁にした悪魔は、ほとんどネコ(日々ネコ化進行中)
    ・悪魔払い師の神父は、男(だと思ってる)主人公を好きになって?

全22件中 1 - 10件を表示

喜多みどりの作品

シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする