スカーレット・クロス―月蝕の復活譚 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 瑞山いつき
制作 : 橘 水樹  櫻 林子 
  • 角川書店 (2006年12月発売)
3.45
  • (3)
  • (5)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044497101

作品紹介・あらすじ

(-魔物のすべてを死滅へ導く罪も、彼を思えば甘受できる)ギブ神父のために命を捨てて、伝説の"聖櫃"を封印する覚悟を決めたツキシロ。だが彼女を失いたくないギブは、ある決断をくだす…。もどかしい主従関係の果てに二人が迎えるのは、幸福な結末か、それとも!?「もうすぐひとつに還れるよ。愛しいもう一人のボク…」自らの半身である悪魔に囁く、天使の真意とは-!?スカーレット・クロス、ついに堂々完結。

スカーレット・クロス―月蝕の復活譚 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二部では、作者さんも仰ってましたが、ツキシロがいい女になるのと比例して、ギブがヘタレになってましたね。
    もとより、強がって大人な振りしてた青二才と、一生懸命頑張ってた御子ちゃまな二人なので、なりふり構ってなかったツキシロの方がそりゃ強くもなりますわな(笑)
    奥付みたら初版でたの2年前だったんですが、今更ながら作者様完結おめでとうございます。

  • 全9巻+スピンオフ1巻 一気読み。

  • シリーズ10作目

  • サブタイトルどおりの内容です。あいかわらず潔い。

全5件中 1 - 5件を表示

瑞山いつきの作品

スカーレット・クロス―月蝕の復活譚 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする