マギの魔法使い―国王は求婚中! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 結川 カズノ 
  • 角川書店
3.49
  • (7)
  • (10)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044497125

作品紹介・あらすじ

美貌の青年ウォレスらと共に旅を続ける見習い魔女のエメラルドは、並の男よりオトコ前な正義感あふれる現実主義者。だがウォレスはどこかエメラルドには冷たい態度で、二人は気まずい雰囲気に。そんな中、若き国王クリストバルが、ウィザードの特別な加護をうける"宝石"である彼女を手に入れようと部下を差し向けてきたうえ、なんと結婚を迫ってきて-!?「わたしは君を逃がすつもりはないよ」加速する恋と陰謀の争奪戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年4月20日読了

    この話はこの巻限りなのかと思ったら、パットが追跡に来るみたいですねー。今後、どう関わってくるのかなー。

    2巻なので、恋愛の片鱗みたいのが出始めてますね。あくまで片鱗であって、当人たちは全く気付いてないみたいですけど。……ウォレスは、あれは片鱗って言っていいのか?理性的な面(ウォレスの自我)ではかなりエメラルドから距離置きたがってるけど、本能的な面(ウィザードの記憶込み)では放っておけないジレンマがチラホラ。ま、最終的にはコイツがエメラルドを掻っ攫ってくのは目に見えているので、どんなに腹黒でも静かに見守りたいと思います\(^o^)/
    現時点では包容力というか、大人の魅力というか。そのあたりの有利なポイントでハルベルトの一人勝ちみたいな状況だけどね。
    おそらくハルベルトとトトは恋愛戦に参戦しないと踏んでいるんだが、どうだろう(笑)

    私的にはラグナがかっこよくてヘタレてればいいんですwww←
    一番先に恋愛的な面でグイグイくるくせに、最終的には譲っちゃうとか身を引くとか。そういう男前でヘタレっぽいキャラが好きなんですよ!(*^ω^*) まさしく、マギはラグナの為に読んでるようなモンですね!!個人的にはかなりドツボなので、彼がどんな風に玉砕するのかじっくり楽しみたいと思うww
    とはいえ、エメラルドはぶっちゃけ最初からウォレスのことしか見ていない状態だと思うんだ。魔女の十八番である心理戦や窮地に立った時のやりとりを見ているとキレ者のイメージがあるんだけど、ラグナから色恋っぽい投げかけをされても天然でスルーしてるとこを見ると……ねぇ?(爆)
    しかし、あの腹黒ウォレスとどう色恋になるのか心配だわ…(-_-;)

  • 2巻です。
    今回は戦闘シーンは控えめ。あんまり流血してないです。

    エメラルドを囲む男性陣ですが、今はハルベルトが1歩前に出ている感じですかね。当のハルベルトは静観って感じですが。
    ウォレスは全然分からないです。めんどくさいだとか、置いていくだとかでエメラルドと距離を置きたがってますが、助けに来たりしてて、いったいどう思ってるんだろう。

    分かりやすいのはラグナとトトですけど、やっぱラグナが好きです。男前でかっこいい。けどエメラルドにはやられっぱなしでヘタレなとことかツボです。

    新しく出てきたパットもいいですね。ダラダラしているようだけど、実は優秀。モデルは遠山の金さんらしいです(笑
    今後追いかけてくるみたいですけど、なんかエメラルドに惹かれていきそうですね。

    いったいエメラルドと誰がくっつくのか。話の流れからするとハルベルトではなさそうですし、やっぱりウォレスなのかなぁ。個人的にはラグナがいいんだけど・・・。

    ベルナルトを脱出したエメラルド達。次巻も楽しみです。

  • ウォレスー!てめーコラなんなんだよ!もちょっと優しく接してくれたっていいじゃん。エメラルドが可哀想。

全5件中 1 - 5件を表示

瑞山いつきの作品

ツイートする