白と黒のバイレ 白き、時の流れにのせて (角川ビーンズ文庫)

著者 : 瑞山いつき
制作 : 結川 カズノ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年12月1日発売)
3.84
  • (17)
  • (26)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :171
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044497170

作品紹介・あらすじ

「待っていろ。時が満ちればそなたを迎えにいく」国一番の魔術の使い手・ブランカ姫は、魔王・マルディシオンとの戦いに敗れ、人の3倍の速度で若返る呪いをかけられる。それから1年半。ついに12歳の肉体となったブランカは、呪を解く術を求め、不遜な凄腕の騎士・セロを連れ国を出た-「どこまでもついていく。俺がお前を守ってやるよ」呪われた美姫が騎士と共に挑むのは魔王か、宿命か!?運命と踊るネオ・ゴシックファンタジー。

白と黒のバイレ 白き、時の流れにのせて (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マルディシオンが可愛くて。綺麗な容姿に子供みたいな性格っていい。
    強さと儚さを持ったブランカも、ぶっきらぼうだが優しいセロもとても好み。
    話も面白い。どう2人はくっつくのだろう。

  • 今回恋愛要素が盛りだくさん★そして、期待通りの展開に(=ー=)にやり
    としてしまったいっ!(笑)ああ《魔王》がかわいい(笑)
    魔法と剣と呪い・・・そして恋愛要素盛りだくさん!
    表紙の二人(主人公たち)の関係性もドキドキでございますが
    お話自体もどう展開していくのかワクワクで、次の巻が既に気になる(ムフ)
    今回先生の大きな作品3作目なんですよね。
    私は「スカーレット・クロス」を最初に読んで
    とてつもなく「ド・ストライク」なお話で(笑)
    基本「俺様&気の強い女の子」の話が大好物なもので(=▽=)
    (あ~ギブ神父かっこいいんですよ~!そっけないけど、優しい俺様キャラ素敵・笑)
    それ以来、瑞山先生の作品をむさぼるように読んでおります(笑)
    戦闘シーンかっこいいし、きゅーんとなる話展開(=▽=)オススメですよ★
    今回も、ギブ神父みたいな「俺様」でてこないかなー・・・(笑)

  • 他の方のレビューにもある通り、挿絵の使い方が独特です。
    ブランカとセロの主従関係の許されない恋に、久しぶりに胸がぎゅーっとなる感じを覚えました。
    古本屋で短編集以外の本編3冊のみを購入しましたが、短編も買えば良かったと後悔です。

  • 歳の差。主従。魔王。獣。侍女。

  • 主人公の姫様口調が受け付けないよどうしよう!!マギの魔法使いが私的バイブル的な勢いだったので、ものすごく残念度高く感じる・・・ハードル高く設定しすぎた。

  • 王道で設定もたまらん。

  • イラストはあんまり趣味ではなかったんですけど、評価が高かったので、完結を見て全巻購入。
    一気読みする予定です。

    まず、普通なら、表紙を明けたところに主要キャラのイラストとか説明とかありますけど、一切無しで、すぐ本編に入ってます。イラストの入れ方も見かけない入れ方なんで、新しい感じがしました。

    最近、『瑠璃花』とか『赤き月・・』のような、けっこう向こう見ずな元気のあるお姫様に比べると、ブランカ姫は正当派のお姫様のように思いました。国のためにセロへの恋心を抑えながらも、自分にかけられた呪いを解こうとがんばってます。

    セロも風貌は黒髪の目つきの悪い系で好みではありますが、ぶっきらぼうすぎて・・。でも時折見せる12歳になったブランカへの恋心への葛藤は、なかなか楽しめます。

    この前に読んでいたのが、ラブラブ全開の『悪魔のような花婿』だったので、二人の身分違いの恋が一層ぐっと来ました。

    あと、ブランカに呪いをかけた張本人の魔王マルディシオンも憎めないです。ブランカに一目惚れして、ブランカの危機には必ず来てくれたり、たすけても感謝されないとすねてたり、なんかかわいい。

    最後にあの王太子の動きが気になる描写で終わってます。
    マルディシオンの体の行方と野心家の王太子の動きに期待です。

  • さくさく読めて、ストーリーも面白かったです。
    しかし、サクサク読めすぎてかえって面白みが欠けた気がしました。
    設定はお姫様と騎士のラブロマンス。
    身分差に悩む2人にとてももどかしさを覚え、応援したくなります。

  • 表紙に惹かれて買ってしまいました・・・。
    どうにもビーンズ文庫の作品は苦手だと思っていましたが・・・
    これは違った!おもしろい!!
    挿絵の起き方も斬新で、可愛らしくて良いと思います。
    早く続編が読みたい!という気持ちに久々になれた気がします。
    ところで・・・・
    セロがエロかっこいいと思うのは私だけか?(笑)

  • 正統派お姫様!と聞いて購入。
    身分違いの恋とか切ないすなぁ。
    ストーリーの最後も、シリーズがこれから面白くなる
    予感でいっぱいになりました。

全26件中 1 - 10件を表示

瑞山いつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白と黒のバイレ 白き、時の流れにのせて (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

白と黒のバイレ 白き、時の流れにのせて (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする