バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.70
  • (82)
  • (212)
  • (201)
  • (16)
  • (0)
本棚登録 : 1450
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044498047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今までの3作の中では一番軽め。
    サスペンスよりもアクションを見ているようだった。

    それにしても、タオルを長旅になりそうだからと用意していたのが平賀だったのが、そういうのが得意なのはロベルトに。
    速読が得意なのも平賀からロベルトだったはずなんだけど

  • 大学生の頃これ読んでたら確実に平賀派ロベルト派の論議が交わされてただろうな(笑)ワタクシはロベルト派です!信仰に疑問を持ちながら平賀に従う的な(笑)だって料理も出来て、イケメンでユニークって惚れるしかないやろー!

  • 半ばくらいまでは何だかつまらなく感じていましたが、真相に差し掛かるとこからテンポよく読めたかな。

  • こういうお約束展開は好きです。黒幕の姿が見えてきましたが、
    相変わらず美形のオンパレードだなあ。

著者プロフィール

大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。「バチカン奇跡調査官」シリーズは累計140万部を突破するヒットとなり、アニメ化もされた。他の著書に「朱雀十五」シリーズ、「陰陽師 鬼一法眼」シリーズ、『太古の血脈』など多数。

「2019年 『バチカン奇跡調査官 アダムの誘惑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)のその他の作品

藤木稟の作品

ツイートする