バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.70
  • (82)
  • (212)
  • (201)
  • (16)
  • (0)
本棚登録 : 1451
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044498047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黄金掘らせる人員が何十代も、200年以上も、地下で生まれた血脈が続くというのはさすがに無理があるのでは…
    ときどきよそからさらってきて血を混ぜてるとかなのか……

  • 今回はちょっとすっきりしませんでした。まあ伏線的というかなんというか。ええーそんな感じでいけちゃった?みたいな笑

  • シリーズ3作目ですが、前作・前々作ほどのめり込めず…

    終盤、前作で登場した人物との邂逅あたりでややテンションアップしましたが、悪の枢軸たる人物が自ら手を下すというところに、少々安っぽさが感じられてしまいました。もっとどっしりと構えて、バチカンの要職にある人物すら操るような存在感が欲しいと思っていたので、ちょっと期待を外された感があります。

    ただ、これもより大きな悪の存在の布石なんでしょうか。ラストページ近く、平賀とロベルトを言いくるめるあの人物が、一番怪しく思えて仕方が無く(言っていることがうさんくさい…)、次巻への興味はちょっと高めだったりします。

    それにしても…このシリーズの中心人物が野郎ばかりというのが一番の不満。存在感のある女性キャラがそろそろ欲しいと言うのが本音…。

  • 最初にこのシリーズを手に取った時に期待していた雰囲気と、大分ズレてきた感がある。

    つまらないわけではないけれど、もっと重たくてドロドロした話の方が好みだ。

  • もう毎回、微妙な気分になるのはお約束だと思うことにしました。3冊目までなんとなく読んできましたが、普段の自分ならもう投げてる筈なのに、なんでまた次の刊を購入してしまったのだろう・・・。こんなことははじめてです。もしかしておもしろいのかも?やっぱりキャラクターの魅力??くっそwwまじわからん。

  • だんだん現実離れしてきました。

  • バチカン奇跡調査官シリーズ3巻目。
    キーワードは「まだらの道化師」。ハーメルンの笛吹を下地に描き出される「奇跡」現象の謎を主人公2人が追う。
    帰って来なかった子供達は何処に消えたのか?

    2巻とセットで読まれる事をお勧めします。
    ハラハラするシーンもあり既読3巻の中では一番面白い。
    加えて、何時の間にかFBIのビル調査官がレギュラー入りしています。作者にとっての便利屋なんでしょう。

  • 今回もちょっと奇跡が薄め
    それよりも、インディジョーンズバリのアクション…
    まぁ、面白いんだけど、趣向が変わってきたなって
    定番の秘密結社対決も板についてきて
    これからは安定してのめり込めそうです(о´∀`о)

  • 冒頭の肝試しと、その後の奇跡との話が繋がって、なるほどなぁと。今後もジュリア司祭と相対していく展開になるのかな?

  • ラスボスかと思いきや。
    いや、まだ決着はついていないのか。姿をくらました訳だし。というか、あの人はラスボスでいいの?



    今回は読みきるまでに、なんだかとても時間がかかってしまいました。

著者プロフィール

大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。「バチカン奇跡調査官」シリーズは累計140万部を突破するヒットとなり、アニメ化もされた。他の著書に「朱雀十五」シリーズ、「陰陽師 鬼一法眼」シリーズ、『太古の血脈』など多数。

「2019年 『バチカン奇跡調査官 アダムの誘惑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)のその他の作品

藤木稟の作品

ツイートする