朝比奈弁護士の昼下がりの情事 (角川ルビー文庫)

著者 : ふゆの仁子
制作 : 陸裕 千景子 
  • 角川書店 (2005年11月30日発売)
3.21
  • (1)
  • (8)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
  • 62人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044505042

作品紹介

将来への打算からアメリカ大企業の依頼を引き受けた弁護士の朝比奈は、クライアントであるエドワードの挑発に乗り、早々に仕事を降ろされることに。「その体で私を満足させれば契約は続行しよう」-弁護士としての名誉の為、エドワードの出した条件をのむ決意をした朝比奈だが、エドワードは仕事よりも何よりも自分を優先することを強要し、毎昼ごとにその体を嬲る。しかし、なぜかエドワードが朝比奈の過去を知っていることがわかり…?貴方が与えるのは、夜よりも淫猥な真昼の情事-極上ロマンスをどうぞ。

朝比奈弁護士の昼下がりの情事 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツンで権力に物を言わせるクライアントに
    強要される昼下がりの情事・・・

    と思いきや

    せつなさキュンの純情初恋物語が
    ベースになっていて

    なかなかのキュン度でした(*'ω'*)

    P2 キュン3

  • 朝比奈弁護士の昼下がりの情事
    桐生弁護士の真夜中の秘め事

  • あらすじ:将来への打算からアメリカ大企業の依頼を引き受けた弁護士の朝比奈は、クライアントであるエドワードの挑発に乗り、早々に仕事を降ろされることに。「その体で私を満足させれば契約は続行しよう」―弁護士としての名誉の為、エドワードの出した条件をのむ決意をした朝比奈だが、エドワードは仕事よりも何よりも自分を優先することを強要し、毎昼ごとにその体を嬲る。しかし、なぜかエドワードが朝比奈の過去を知っていることがわかり…?貴方が与えるのは、夜よりも淫猥な真昼の情事―極上ロマンスをどうぞ。

  • タイトルがエロい。
    すれ違う2人が最後はくっつくんですが、攻めの思い込みに萎え。シュチュエーションはいいのにな〜。

  • 社長(クライアント)×弁護士

  • 弁護士×クライアント
    いまいち入り込めない。周りの状況がよくわからない

  • ●あらすじ●

    将来への打算からアメリカ大企業の依頼を引き受けた弁護士の朝比奈は、クライアントであるエドワードの挑発に乗り、早々に仕事を降ろされることに。「その体で私を満足させれば契約は続行しよう」―弁護士としての名誉の為、エドワードの出した条件をのむ決意をした朝比奈だが、エドワードは仕事よりも何よりも自分を優先することを強要し、毎昼ごとにその体を嬲る。しかし、なぜかエドワードが朝比奈の過去を知っていることがわかり…?貴方が与えるのは、夜よりも淫猥な真昼の情事―極上ロマンスをどうぞ!
    </br><a href="http://blsenka.seesaa.net/article/13357653.html" >感想を読む</A>

  • ふゆの仁子先生は芸術家気質というより、エンターテイナーだと思います。とにかく、読まされる。今までに読んだふゆの先生作品のどれもがほぼ一気読み。言葉のやりとりや駆け引きの描き方が上手いのかな…。安心して楽しめます。

  • ダンボールの中@未読

全10件中 1 - 10件を表示

朝比奈弁護士の昼下がりの情事 (角川ルビー文庫)のその他の作品

ふゆの仁子の作品

朝比奈弁護士の昼下がりの情事 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする