トップ・シークレットは蜜の香り (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 高座 朗 
  • 角川グループパブリッシング
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044505080

作品紹介・あらすじ

父親の莫大な遺産を相続することになった大学生の津谷萩朔夜は、誰にも言えない出自の秘密を抱えていた。そんな彼の下に、父親から警護を依頼されたという、謎めいたボディーガードの蜂巣が現れる。初めは警戒したものの、片時も離れず自分を護り、不安に震える体を情熱的な抱擁で慰めてくれる蜂巣に、次第に朔夜はのめり込んでいく。彼にだけは秘密を明かしてもいいだろうか。すべてを晒したい気持ちに朔夜は揺れるが、そんな折、蜂巣の経歴から父親との意外な関係が発覚して-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 突然、大企業に社長であった父を事故で失ってしまった大学生の津谷萩朔也。
    ところが、朔也は誰にも言えない出生の秘密を抱え、一人悶々としていた。
    そんな彼の元に、生前の父親から朔也の警護を依頼されたという得体のしれないボディガードの蜂巣という男が現れた。
    初めは、どうして今更、などと反発心が勝っていて素直に蜂巣の申し出を受け入れられない朔也だったが、片時も外れることなく自分を守る姿に、自然と興味がわく。
    蜂巣を無理やり撒いて、向かった先は蜂巣が所属するという会社だった。
    そこで、蜂巣と彼を雇っている男との意外な関係を知る。
    ますます蜂巣を頼りに思う朔也は、誰にも言えないと思っていた自分の出生の秘密を蜂巣になら伝えられるような気がしてしまう。

    という感じの話でした。
    実は血縁関係が大分ごちゃごちゃしてて、めんどくさいところもあるんですが、この場合、誰と誰の血が繋がっていようとあんまり問題ないので、はっきりとは描かれていませんでした。
    「血が繋がっていない」ってことは大きな問題だったりもするんですが。
    というわけで、莫大なお金を相続することになって命を狙われるようになってしまった朔也と、それを守る蜂巣の話。
    ボディガード×生意気なおぼっちゃまの話がお好きな方にはぜひオススメします。

全1件中 1 - 1件を表示

ふゆの仁子の作品

ツイートする