バルハールの姫君 (角川ビーンズ文庫)

  • 80人登録
  • 3.36評価
    • (6)
    • (7)
    • (28)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 雨川恵
制作 : 桃季 さえ 
  • 角川書店 (2006年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044507053

作品紹介

王弟アレクシードは、幼い花嫁ユスティニアと、港町・バルハールの離宮で暮らすことに。遊び仲間(=夫)が一緒で嬉しそうなユティとは反対に、アレクは穏やかな生活に馴染めない。そんなある日、バルハール最大の祝祭で、アレクはユティの危機を救った剣士と出会う。燃えるような紅い髪を持つ彼の、剣の腕に驚くアレクだが、彼のせいである事件に巻き込まれ…!?一方ユティに恋の予感も!?アダルシャン・シリーズ新章開始。

バルハールの姫君 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小休憩。色々フラグが立ってます。

  • アダルシャンシリーズ5巻
    新展開というか、嵐の前の静けさというか。

    王都を出て、田舎暮らしを楽しむ主人公夫婦&フラッド。
    夏至のお祭り、ユティの初の男友達、麻薬密売の行方と、
    マッタリムードながら密度の高い1冊です。

  • 2008年10月20日

  • アダルシャンの花嫁シリーズ5
    アレクシードはユスティニアと港町・バルハールの離宮で暮らす事に。遊び仲間(夫)が一緒で嬉しそうなユティとは反対に、アレクは穏やかな生活に馴染めない。そんなある日、バルハール最大の祝祭でアレクはユティの危機を救った剣士と出会う。燃えるような紅い髪を持つ彼の剣の腕に驚くアレクだが、彼のせいである事件に巻き込まれ…。

  •  アダルシャンシリーズ第5巻。アレク、ユティ、フラッドは港町バルハールの離宮で暮らしていた。祭りにでかけた3人だがユティとはぐれてしまい、事件に巻き込まれる。ユティを助けた紅い髪をもち、どこか憎めない感じのカジャ。絵がとてもうまい謎の少年セオに出会ったユティ。<br>
     新章開始ですが、まだ序章という感じです。またアレクはぐるぐる悩んでます・・・。今回兄とのかかわりはないんですが、頻繁に思い出して悩んでるのはもういいよって感じです。セオとユティはなんだかいい雰囲気。ユティのお父さんはなかなか面白い人みたいでした。幸せそうな2人の日常を読める巻です。

  • -

    2010/2/11 21:57

全7件中 1 - 7件を表示

雨川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする