カストレーデの皇子 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 雨川恵
制作 : 桃季 さえ 
  • 角川書店 (2006年5月31日発売)
3.32
  • (7)
  • (3)
  • (31)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044507060

作品紹介

アダルシャン王弟・アレクシードは、幼な妻のユティと離宮で穏やかに暮らしている。しかし故郷カストリアに近いせいか、ユティは昔を懐かしんでいるようで、アレクはちょっと複雑だ。そんなある日、王都から衝撃的な報が届く。そこにはユティの兄・皇太子ルシウスの名が。やがて離宮の二人に魔の手が伸びて!?アレクはユティを守れるか!?二人を想う人々も登場で波乱の予感!!アダルシャン・シリーズ、ドラマティックに急展開。

カストレーデの皇子 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユティの事もっと心配してあげてw

  • アダルシャンシリーズ6巻
    ここから『シェーンベルムの騎士』『イシュターナの祝鐘』とノンストップ。

    相変わらず、甘い夫婦喧嘩をしてると油断していると、
    スゴイところで終わってます。

  • 2008年10月22日

  • アダルシャンの花嫁シリーズ6
    アレクシードはユティと離宮で穏やかに暮らしている。しかし、故郷カストリアに近いせいか、ユティは昔を懐かしんでいるようで、アレクはちょっと複雑だった。そんなある日、王都から衝撃的な報が届く。そこにはユティの兄・太子ルシウスの名があり、やがて離宮の二人に魔の手が伸びて…。

  •  アダルシャンシリーズ第6巻。嫉妬したり、言い争ったりもしながらも穏やかだった2人の日々。王都からユティの兄ルシウスがユティとアレクをカストリアに招待したいと言っているという連絡がくる。しかし、2人は突如離宮で襲われる。<br>
     ユティがかわいい。アレクの蜂蜜飽和溶液や天然暖房のたとえが面白かったです。今回はもう出てこないのかと思ってた人があっさり再登場したりしました。アレクはかなり痛そうでしたが、次に一筋縄ではいかなそうな人物からユティをどうやって奪還するのか楽しみです。

  • 現在熟読中。

  • 2006.6.3購入。
    ユスティニアの兄登場…アレクシードの兄と冷徹な所は似てそうだけど、ユスティニアの兄はあまりユティの事を思ってなさそう…?今後対決はあるのかな〜と思いました。
    アレクが大変な事に…けっこうボロボロというか死にかけた?
    次も楽しみです。

  • -

    2010/2/11 21:57

全10件中 1 - 10件を表示

雨川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする