アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ (角川ビーンズ文庫)

著者 : 雨川恵
制作 : 風都 ノリ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年3月1日発売)
3.69
  • (9)
  • (15)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044507121

作品紹介・あらすじ

正式に伯爵家をついだ庶民出身のアネットは、レディを目指し、美形執事のリチャードとレッスンの毎日。そんな彼女もいよいよ社交界デビューを果たすことに!王宮での接見会を終え、得意の歌を王太子に気に入られ、翌日から沢山の夜会への招待状が届くようになる。しかし夜会の帰り、アネットは事件に(自ら)巻き込まれ-!?下町お嬢様とクールな執事が贈るビーンズ文庫版『マイ・フェア・レディ』第3弾登場。

アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アネットが相変わらずお人好し。確かにあの状況ではアネットの行動が合理的だけど、無茶しすぎ。
    “妖精さん”の正体はすぐにわかったけど、アネットの勘違いっぷりは面白かった。
    皇太子にまで気に入られちゃうなんて。
    今回はリチャードとユージンの出番が少なくて残念。

  • 今回は、ユージンの実家の夜会に誘われます。

    本当はリチャードと踊りたいアネット。
    あくまで執事としてダンスを教えるリチャード。

    2人のすれ違う想いはスルーで、今回も騒動に巻き込まれます。
    ユージンの父は、現王室の信頼厚い公爵。3人の関係は複雑です。

  • この作者さんのお話を読んだの、初めてなんだけど。

    すごいね。


    アネットの性格が、

    もうちょっと行き過ぎると痛い子なんだけど、

    そうまでならない絶妙なバランス。



    むしろ、いじらしくて、可愛くて、応援したくなる!

    はわー。

    もうこんなピュアな気持ちは持てないと思う私は汚れた大人です。



    さてさて。

    前回は王太子さまのご登場

    今回はローズウォール一家、まあメインは妖精さんことシャーロットだよね。

    当初のこやつの言動にはずいぶんとイライラとしたが…(-公- ; )

    ツンデレ要素だったんだ!!w

    いやいや、良いキャラです。

    今後絶対アニーの良き味方になる系じゃん。


    それにしてもですね、

    メインカップルの進まないこと!((ヽ(● >`д<)=3


    ようやくちょっと進展したかと思いきや、

    アネットが襲われてぼろぼろになったのを見たリチャが

    危険なところに飛び込んじゃうアネットに若干イらついてる??

    と思われるような描写や、


    手をつなぐ描写


    あと、アネットがユージンに迷惑をかけないようダンスするとゆー発言を

    やたら意識してるねー


    くらいか



    。。。びみょ!!


    アネットがんばれー

  • アネット3巻目です。
    表紙は、ヒーロー差し置いて、先に良い思いをしているユージン、笑。


    王宮の接見会を無事に終えることができたアネット。
    いよいよ社交界デビューを果たすことに!

    得意の歌を王太子殿下に気に入られ、たくさんの招待状も届くことになる。

    しかし、庭で見かけた妖精のような女の子を追いかけたアネットは自ら事件に巻き込まれることに…。



    今巻も、社交界の話なのでユージンの配合量大めです。
    リチャードは、屋敷でお留守番。


    新キャラ、王子さまのルドルフ。
    見事に王子様然としておられます。

    そして、神出鬼没です。


    女の子の新キャラ・シャーリーもでます♪
    アネットが庭で見つけた妖精みたいにキレイな子です。

    この子は、良くも悪くもお嬢さまな性格です。
    アネットも飽きれる程に、笑。

    アネットと良い友人になれそうな感が漂ってます。
    シャーリー可愛いです♪



    今回も、騒動に自ら巻き込んでったアネット。
    …とういより知らず知らずのうちに?って感じ。

    でも、ちゃんと連絡しておいたので、リチャードもそんなに怒りませんでした。
    成長したね、アネット。


    なんだか、伯爵家のこととか政治的なことが動き始めた感じでした。
    リチャードの選択一つで変わっていきそうな…。


    最後は良い雰囲気~♪かと思いきや、オチが可哀想なアネット。
    でも、リチャードも一生懸命なアネットに情が移ってるでしょ~と思いつつ。

    次巻に続きます。

  • ユージンのターン。
    王太子殿下登場で美形増量ww
    少しは執事とお嬢様の関係進展かと思ったらそうでもない。

    同世代の女の子登場。
    典型的な世間知らずなお嬢様と貧民育ちの世間知らずのお嬢様。
    気の強い二人は読んでいても微笑ましい。

    それにしても主人公のアニーが執事しか見ていないので、
    ユージンが甘い言葉を言っても、全くスルー。

    アニー、いい性格しているな。

    読了 11/21

  • 2009年8月26日

  • 草津図書館 2009/4/18

  • -

    2009/3/2 23:33

全12件中 1 - 10件を表示

雨川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする