しろがねの永遠 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (2)
  • (3)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044508050

作品紹介・あらすじ

本来の姿を取り戻し、力を得た白雪の前に朱月が立ちはだかる。神杖国への復讐を願う彼の望みを叶えられるのは、白雪だけ。だが、白雪は神常国を守護する「斎宮」なのだ。彼女に忠誠を誓う騎士たちと国の守護神を前に、白雪が選んだ道とは…!?「わたしは、あなたを失いたくない」斎宮の名の下、今、すべてが終わり、はじまりへ向かう-。大人気「星宿姫伝」シリーズしろがね編、感動の終幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しろがねシリーズ6巻目

  • お話の中の一区切りとしては、とてもよかった^^

    白雪の成長を感じる一冊

  • やっと最終巻です。
    操られていた蘇芳は、白雪によって元に戻ります。
    前巻で敵だったはずの夜鳩や賀宗も白雪に諭されて、一転いい人に。。。

    物語としては、彩湖の封印を解いて、朱月の願いを叶えて、死者を生き返らせる白雪。白雪が朱月を失いたくないっていう気持ちを受け入れたら、朱月からくろがねが出て行ってしまって、結局は死んでしまいました。気持ちを受け入れたら死ってのは、白雪からするとやりきれないように思います。

    しかも、しろがねである千白は解放されていなくなってしまい、代わりにくろがねが白雪の左手を切り落として左手になっちゃいましたけど、「しろがね編終了」とあるからには、これから「くろがね編」が始まるのでしょうかね?

    それにしても、祥琳さんってば、白鷺に進められるまま、正室や側室を設けてはいるものの、正室にも手を出してなくて、子供はすべて自分の血のつながらない子で、本当の子供は白雪だけというのは、スゴイですね。それほど白鷺のことが好きだったのかもしれないですけど、王様としては考えられないです・・。

    それと、佳春が好きだったのは王妃葉子で、王妃になったのも白雪の策略だったっていうのは、また笑えます。葉子につられて、大公になったっていうのが、佳春らしいです。

  • 2/10読了。

  • しろがね最終巻!
    白雪の運命は…!
    朱月の結末は…!
    騎士達の恋は…!!
    いろいろ気になりますね+

  • しろがね偏最終章。
    少し悲しい話ではあったけど、やっぱり面白かったです。

全6件中 1 - 6件を表示

しろがねの永遠 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

菅沼理恵の作品

ツイートする