しろがねの幸福 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 菅沼理恵
制作 : 瀬田 ヒナコ 
  • 角川書店 (2007年5月発売)
3.28
  • (3)
  • (2)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 39人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044508067

作品紹介

神杖国を守る未熟な"斎宮"の少女・白雪は、四人の"斎宮の騎士"と守護神・千白とともに、自分の育ての親で、大事な存在である朱月との辛く長い戦いに立ち向かうことになる-。その朱月が白雪に抱いていた想いや、斎宮の騎士の幼少時代、千白が残した願いが明らかになる、書き下ろし小説多数収録!「千白はいつも、白雪、おまえと一緒にいるのだから」斎宮の名の下、今、光が生まれる。シリーズ初の短編集登場。

しろがねの幸福 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しろがねシリーズ7巻目・最終巻
    くろがねシリーズに続く

  • 充実の内容
    書き下ろし満載で嬉しいですね^^

    ザビにあったマンガも載っててよかった

  • 「星宿姫伝」シリーズの短編集です。

    <しろがねの幸福>
    白雪が朱月と一緒に旅をしていた際に、領主の館に滞在していたときの話です。
    熱を出して寝込んだ白雪に対してほんとにやさしいパパぶりを見せる朱月が、実は白雪を殺そうと思っていたなんて、信じられません。
    本編を読み終えたあと、こんな幸福な時もあったんだなぁって思いました。

    <しろがねの運命>
    白雪の母である白鷺の子供の頃のお話です。
    夜鳩と琥珀の母である萌葱が互いに想い合っていたんだなってところとか、佳春が白鷺とは犬猿の仲だったところとか、明星は昔から姿がほんとに変わらなかったんだなぁとか、白鷺が祥琳と出会ったシーンとか、なかなか面白かったです。

    <しろがねの騎士>
    白雪の騎士である、蘇芳、青磁、琥珀、黒曜の子供の頃のお話です。
    琥珀は全員が聖王と血がつながっていないことを知っていましたが、それ以外の3人も自分だけが聖王と血がつながっていないことを知っているけど、兄弟の関係が壊れるかもしれないと口をつぐんでいる状態ですが、みんなかわいいです。

    <しろがねの伝言>
    王妃葉子の元に残された手紙の封印を白雪が解くというお話です。
    こんな手のこんだ手紙にどんな内容が書かれていたのかは気になりますが、本編では全く出てこなかった、葉子さんの容姿の変化ですが、月の半分は髪の色だけでなく体型まで変わってしまうというもの。確かにこれでは別人なので、混乱しますよね。

    <しろがねの羽化>
    白雪の誕生日にみんなが誕生日プレゼントを渡すっていうお話です。
    あとで書かれている漫画と合わせて読むと面白いです。
    白鷺が誕生日にあげていたという花火は、こんなふうにみんなから祝福された気持ちであげていたんですね。

    <しろがねの普遍>
    ひいなたちと外出したときの白雪の話を千白が聞くっていうお話ですが、あんまり面白くなかったです。

  • 最後の短編「しろがねの普遍」が書けて本当によかったです。
    読んでくださったみなさん、どうもありがとうございました。

  • しろがね編の短編集です。
    最終巻として気持ちよく終わっていると思います。
    表紙がすごくいいです!
    千白と白雪なのもしっくりくるし、何よりすごくキレイです。
    最後の短編は切なくなります。

全5件中 1 - 5件を表示

しろがねの幸福 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

1-B01MY0SRPBの詳細を見る Kindle版 1-B01MY0SRPB 菅沼理恵

菅沼理恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

しろがねの幸福 星宿姫伝 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする