東方妖遊記   揺らぐ絆と第六の試練   (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.50
  • (2)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044510176

作品紹介・あらすじ

時は中国古代・殷。暴政を敷く王に直接意見するため、少年領主の晄は王都へ行くことに。過保護で心配性な兄の舜を押し切って、王都へ着いた晄は、蔵を襲う少年盗賊団と遭遇する。彼らを追って辿り着いたのは、奇妙な形の土の城。そこで出会った隻眼の呪術医・紫央は、なぜか晄にそっくりで…!?いよいよ晄の出自が明らかに!?衝撃の事実に、鉄壁だった晄たち兄姉弟の絆が揺らぐ!?人気絶好調の中華ファンタジー、待望の第6弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うすうす分かってはいたが、ついに主人公の秘密が明らかに。
    王子も割り切ったようだし一安心。
    しかし「秘密が明らかになる→敵がちょっかい出してくる→仲間が増える」の流れがいい加減飽きてきた。

  • 遂にコウの出生の秘密が明らかに‼

  • 東方妖遊記シリーズ第6弾。

    間に短編集があるので、文庫としては7冊目になる今作は、ついに晄の出自があきらかに。

    それによって、晄を取り巻く人間関係と晄の気持ちがどう変化するのか、とても楽しみです。

    今回もチャウにはすごく癒されました。

  • 孤児の楊がかわいらしくてよかったです。

    晄が殷の王子であることが明らかにされましたが、自分が高貴な身分であり今まで肉親と信じていた家族との血縁関係がなかったということがわかったときのショックがよく描かれていると思いました。

  • 込み入ってきた
    紫央かわいいね
    願いの元に人形となる仕組みはよくできてる
    累焔かわいそうかわいい

全7件中 1 - 7件を表示

東方妖遊記   揺らぐ絆と第六の試練   (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

村田栞の作品

ツイートする