東方妖遊記 めぐる縁と第七の挑戦 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044510183

作品紹介・あらすじ

中国古代・殷の時代。少年領主の晄は、南方の拠点・盤龍城を救援するよう王命を受ける。けれどそこは、晄を守る水妖の王・汪李と敵対する妖の支配流域。しかも死んだと思われていた晄の実の母が、暮らしている場所だという。罠かもしれないと思いつつ、晄はかの地へ向かうことに!けれど宿敵である〓(けい)が、母親の元に潜入し罠を仕掛けていて!?晄と〓(けい)の宿命の対決、そして母親との再会の行方は!?大人気中華ファンタジー、待望の第7弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • けいが本音を吐露したー
    ここにきてけいが見せ場をつくったね
    どうしてもみんな仲良くしてほしいこうだけどね
    鳴蛇王は心のなかでは納得しているのかもね

    なんだか切なさがつまったお話でした

  • 東方妖遊記第7弾。

    無事晄の母親とも再開出来て、そろそろ最終巻も近いのかなーと思えるような終わり方でした。

    晄のこれからの活躍が楽しみです。

  • 面白いね。今後の展開が楽しみ。

  • 段々クライマックスに近づいてきた感じ。

  • 他人から優しくされてこなかった炅の悲しさがよく描かれていました。

全7件中 1 - 7件を表示

東方妖遊記 めぐる縁と第七の挑戦 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

村田栞の作品

ツイートする