花に降る千の翼 碧翠の剣 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 増田 メグミ 
  • 角川書店
3.41
  • (7)
  • (7)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044511029

作品紹介・あらすじ

タリマレイの王女イルアラに、隣国の王子との見合い話がもちあがる。「見合いなんて絶対におことわりよ!」と憤慨するイルアラだが、彼女の護衛である鳥の神の息子エンハスは、心配でしかたがない。一方、突然現れた翼ある美女に「エンハスを私達の国に返して」と頼まれたイルアラは、激しく動揺してしまい…。さらにタリマレイを夜な夜な、謎の獣が襲うようになって!?ビーンズ小説大賞受賞作、待望の第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このお話の世界観にも慣れてきて、面白くなりました。

    相変わらず、イルアラは鈍感過ぎて、エンハスはかわいそうな感じです(^^ゞ
    イルアラからもらった月契を首にずっと付けていたのに、周りにからかわれて、イルアラから「意味はない」って言われて、落ち込むエンハスの気持ちがちょっと切ない。。。

    今回、隣の国の王子スラトとの見合い話が持ち上がりますが、その王子が名前を伏せてイルアラと仲良くなっている様子を見て、イライラするエンハスとか、王子にイルアラを自分のもののように言われて、つい感情のままイルアラにキスしようとしてしまったエンハスとか、エンハス側の気持ちはよーーく分かるんですけど、イルアラが自分の気持ちに気付くのはいつなんでしょうね?

    前巻で出てきた、バラーバルのシーハン王もいい味出してますし、妹姫のタリアとハヴィールもなんだか、この先の展開が期待できそうですし、このお話は脇のキャラも魅力的です。

    次巻も期待してます。

  • 南の島のお転婆姫様の話。舞台設定、キャラ設定いいと思うのですが、内容がちょっとありきたりかな?

全2件中 1 - 2件を表示

花に降る千の翼 碧翠の剣 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

月本ナシオの作品

ツイートする